このお話は、こんな人に役立ちますよ↓
「産婦人科の求人を選ぶ時には、何に注意すれば良いの?」
「産婦人科の看護師ってどんな仕事をするの?」
「良いイメージが多いけど、落とし穴はないの?」

産婦人科の看護師になりたい人は、今から説明する仕事内容の特徴やメリット・デメリット、向いている人、求人選びの注意点を読んでから、求人を探しましょうね。

産婦人科で看護師が働くなら、職場選びが重要ですよ

産婦人科で看護師が働くなら、仕事選びにこだわらないといけませんよ。私の経験談をお話しましょうね。

大学病院の産婦人科病棟には、産休明けから勤務異動になり勤務していたのです。産婦人科病棟なので、産科と婦人科が同じ病棟なのです。

そのうちの婦人科病棟のナースセンターが私の職場だったのです。片方の産婦人科では赤ちゃんの泣き声が聞こえる幸せな雰囲気です。産婦人科では、面会者も幸せそうな表情なのです。

一方では不妊治療や婦人科疾患の治療のために入院している女性がいます。同じ病棟では気の毒な感じがしたのを覚えています。

そのような病棟だと出産直後の幸せな患者さんと子供が欲しいのに病気のために妊娠できない人、婦人科系のがんにかかっている人が同じところに入院することになります。

そのようなところでは患者さんはお互いに精神的にストレスを感じますし、看護師もストレスになりますので、産婦人科で働きたい看護師さんは、職場選びにはこだわりたいですね。

産婦人科の看護師の仕事内容や特徴は何でしょうか?

産婦人科の看護師の仕事内容や特徴についてお話しましょうね。先ほども少しお話しましたが、産婦人科は「産科」と「婦人科」の2つの診療科がくっついている診療科なのですよ。

そのため、産科と婦人科のどちらの患者さんが多いのか、どちらを担当するのかで仕事内容は全然違うのです。

産科では、看護師は分娩の仕事はできませんので、産褥期のケアや新生児のケアを行います。また、外来やクリニックでは、妊婦健診の介助や生活指導、不妊治療のケアなどを行いますね。

婦人科はオペが多いので、オペ前後の看護が多いですし、がんの患者さんが多いので、化学療法や放射線療法の看護も行わなければいけないのですよ。

そのため、「産婦人科」と言っても、産科担当になるのか、婦人科担当になるのかで全然仕事内容が変わってくるのです。

病棟の場合、一昔前は産科と婦人科をごちゃまぜにしていた病院もありますが、最近はしっかり病棟や区域を分けているところが多く、看護師どちらかだけをを担当することが多いです。

クリニックなら、どちらも仕事も行いますが、病棟は産科と婦人科をローテーションで期間ごとに交代することはあるものの、産科か婦人科どちらか一方だけを担当することがほとんどですよ。

産婦人科の看護師のメリットをお話しましょうね

産婦人科の看護師のメリットをお話しましょうね。産婦人科は3つのメリットがありますよ。

生命の誕生に携われる

産婦人科の看護師のメリットの1つ目は、生命の誕生に携われることですよ。産科はたくさんある診療科の中で唯一、生命の誕生に携わることができる診療科です。

やりがいを感じることができる

産婦人科の看護師のメリットの2つ目は、やりがいを感じることができることです。婦人科では看護師として、さらに女性として患者さんに寄り添い、身体的なケア・精神的なケアをすることができます。心身ともに寄り添えるケアができれば、やりがいを感じられます。

産科でも母子ともに健康な状態で退院していくのを見送ることでも、やりがいを感じることができますね。

幅広い看護スキルを身につけることができる

産婦人科では幅広いた看護スキルを身につけられることもメリットの1つです。出産前後のケア、新生児のケア、不妊治療のケアはとても専門性が高いですね。

婦人科だったら、がん看護やオペ前後のケアのスキルをを身につけることができるのです。

産婦人科の看護師のデメリットを考えましょう

産婦人科の看護師のデメリットを考えましょうね。産婦人科は明るく楽しいイメージがあるかもしれませんが、実はそれだけではないのですよ。

辛いことも多い

産婦人科の看護師のデメリットの1つ目は、辛いことが多いことです。婦人科では子供が欲しいのに、病気のために諦めなければいけないことがあります。

子どもを望む年齢でなくても、子宮や卵巣を摘出しなければいけないのは、女性にとっては辛いことです。

また、産科でも不妊治療を長年続けている人も多いですし、いろいろな理由で中絶・流産しなければいけないこともあります。

希望の仕事ができないことも

産婦人科では看護師は希望の仕事ができないこともあります。産婦人科では産褥期のケアをしたいのに、看護師は婦人科、助産師は産科と分けられていることがあります。

病院によっては、看護師は産科の仕事ができないこともあるのです。

助産師との関係性が難しい

産婦人科では助産師さんが働いていますが、看護師と助産師の関係が上手くいかないことも多いのですよ。同じ看護職でも、専門領域が違うと、関係が難しいことも多いのです。

産婦人科の看護師に向いている人は、こんな人ですよ

産婦人科の看護師に向いている人は、次のような看護師さんですよ。

・将来、助産師になりたい人
・女性として寄り添ったケアをしたい人
・生命の誕生に携わりたい人

このような人は産婦人科で働くことをおすすめします。

産婦人科の看護師求人を探す時の注意点

産婦人科の看護師求人を探す時には、次の4つに注意しましょうね。

産科と婦人科の区別はどうなっていますか

産科と婦人科の区別はどうなっているのかを確認しましょう。産科と婦人科はきちんとわけられているのか、スペースはどのように分けられているのかを確認しましょう。

古い体質の病院では、この区別があいまいなことがあります。最初にも少しお話しましたが、産科と婦人科が区別があいまいだと患者さんも看護師も辛いのです。

また、産科クリニックは一般的な産科と不妊治療の区別はどうなっているかも確認しておきましょう。

看護師の業務範囲を考えましょうね

産婦人科の求人探しは、看護師の業務範囲も確認しておきましょう。看護師は産科の仕事を全くしないこともありますので、看護師はどんな仕事をするのかチェックしましょうね。

分娩を行っているのでしょうか

産婦人科の求人を探すなら、分娩を行っているかも確認しなければいけませんよ。最近は、分娩を行わない病院・クリニックが増えています。

生命の誕生に携わりたいと思っていたのに、分娩がない産婦人科に就職してしまったら、意味がありませんね。

助産師の資格取得支援制度はありますか

看護師が産婦人科の求人を探すなら、助産師の資格取得支援制度があるかも確認しましょうね。将来、助産師として働きたいと少しでも思っているなら、資格取得支援制度がある産婦人科で働くと良いでしょう。

産婦人科で働きたい看護師さんは転職支援サイトを使うと良いですよ。転職支援サイトなら、産婦人科の求人をたくさん扱っていますので、あなたの希望に合った産婦人科の求人を探すことができるのです。

転職サイトランキングを見る