産業看護師の特徴です。

看護師の需要は高く、病院ばかりではなく幅広い分野で募集されています

募集している職場の中でも、医療機関ではない職場の一つに一般の企業です。

看護師は、病院ではなく、一般の企業でも看護師として働く事が出来るのです。

産業看護師は、一般の企業に一社員として籍を置いて働く看護師のことを言います。

産業看護師の仕事をする職場についてです。

産業看護師は、一般企業に勤める社員の健康管理や健康指導をする仕事をします。

会社の中の一室にいて、社員の健康診断の予定を立てたり、レントゲンや検尿採血などの検査結果から社員一人一人の健康状態を把握します。

糖尿病の危険がある社員に対しては、運動や食事指導、日常生活の注意事項などを説明します

血圧の高めの人には、高血圧を予防する食事指導や生活指導をします

それぞれの社員の健康状態に合った生活指導や食事指導、運動指導などをします。

最近は生活習慣病の人が多いので、生活習慣の見直しを指導する事が大切になってきています。

自分の生活習慣を立て直すという事は、誰にでも言える事ですが結構むずかしいことです。その重要性を説明し、理解し実践させる事は根気のいる仕事になることもあります。

社員の性格によっては頑固で自分の意志を曲げない人など、いろんなタイプの人がいるからです。

コミュニケーションを良好にして、信頼関係を深める対応をしなければなりません。

産業看護師のやりがいについてです。

産業看護師は、一企業に一人か二人なのです。大勢の社員の健康状態を把握するのは大変な仕事かもしれません

しかし社員の健康を維持し増進するという責任があるので、看護師としてやりがいのある仕事でもあります。

看護師として能力を発揮できるチャンスでもあります。

企業によっては、社員の健康状態の把握ばかりではなく企業の仕事の手伝いをするところもあります。

産業看護師でも、企業の規模によって仕事内容は少しづつことなります

医療機関で働く看護師のように夜勤や日曜出勤はありません。家庭を持つ看護師にとっては、働きやすい職場だといえます。

病院勤務のように肉体労働がないので、中高年の看護師にとっても人気の職場です。

一度就職すると勤務条件が良いところが多いので、辞めていく看護師も少ないのです。

産業看護師として働くために必要な事です。

看護師求人転職支援サイトを利用すると、産業看護師を募集している企業を探す事が出来ます。

看護師を募集している企業の社員数や、仕事内容などを十分把握することが出来ます。

産業看護師として納得できる職場に就職する事が出来ます。

産業看護師は、夜勤や日曜日出番などの仕事がないので、家庭を持つ看護師には人気の職業です。

転職サイトランキングを見る