男性看護師の割合は、どうなっているのでしょうか?

男性看護師女性看護師の割合はどうなっているのでしょうか?

男性看護師の数は、近年増えて、病院などでも需要が増えてきています。

2004年、平成16年の時点では、実際に看護師として仕事をしている看護師は、約76万人となっています。そのうち、約3万1500人が、男性看護師です。

割合にすると男性看護師は全体の、4.2%ということになります。

数字にすると男性看護師は少ないと思われるかもしれませんね。

実際には病院で男性看護師を目にする機会は、結構あると思います。

男性看護師の割合は、今後もっと増えていきますよ

男性看護師の割合4.2%という数字は、2004年の時点の数字ですから男性看護師の割合は、今後どんどん増えていくことが予想されます。

現代は不況で就職難の時代です。男性看護師はもちろん、看護師不足を解消するために、看護師を目指して日本にやってくる外国人もいます。

女性だけでは看護師不足を補えないようです。男性看護師がもっと必要です。女性男性の区別なく、男性だってドンドン看護師になれば良いと思います。

本当は看護師という職種は、女性よりも男性にむいている仕事かもしれないのです。

男性看護師の割合が増えるのは、需要が高いからですよ

看護師はその職場にもよりますが、肉体労働の仕事であることが多いようです。

介護病棟では一日に何度も患者さんを抱いて車椅子に乗せる介助が行われます。

両腕が筋肉痛になったり腰痛になったりします。

レントゲンなどの検査に行くときにも患者さんを持ち上げて車椅子に移行させる介助をします。

入浴時も患者さんを抱えたり持ち上げたりします。腰痛や腱鞘炎になる看護師もいるのです。

力が弱く体力のない小さな体の看護師には不向きかもしれない職種なのです。

患者さんは体が重く肥満体の人も多く、最近では男性の寿命が伸びているので大きな体の男性の患者さんも多く入院しているのです。それなのに体はぴくりとも自分で動かせなかったりします。

それだけなら良いのですが、危険行為をする患者さんもいるのです。

自分の身を守らなければならないのに、患者さんが転んだりでもしたら、看護師のせいになって始末書まで書かなければならないこともあるのです。

患者さんが看護師に暴力を振るっても、こちらの看護師の対応が悪いということで片付けられてしまいます。

男性看護師の割合の高い病院も、探してもらえますよ

男性看護師が再就職する際にも、看護師転職サービスのサイトに登録すると良いですよ。

勤務希望条件を伝えておくだけで男性看護師の需要を探ってくれます。

看護師転職サービスのサイトでは条件に合った職場を探して教えてくれるのです。男性看護師であるなら、あなたも無料登録してみませんか?

転職サイトランキングを見る