男性看護師の現状について、考えてみましたよ

男性看護師の現状はというと、やはりまだまだ女性看護師の人数には及びません。

しかし着実に男性看護師が増えているのも現状です。

看護師を募集する職場でも、男性看護師とか女性看護師とかの区別なく募集しています。

男性看護師の看護師としての就職率は同じように高いと思います。

看護婦から看護師と名前が変えられる時点から、男性看護師が増えることを予測していたのですから徐々に男性看護師が増えていくのが当然ですね。

病院などの職場の方でも受け入れる準備はできているのが現状だと思います。

男性看護師の現状・・・良い面は、沢山ありますね

男性看護師の方が女性看護師よりも働き手として良い面がたくさんあるのです。

第一、男性看護師は女性看護師よりも力がありますから、体力勝負の看護の仕事にはむいているといえます。

患者さんを入浴する介助のときや、車椅子への移行時、時間ごとの体位変換時の介助のときなど、男性看護師の活躍できる場所が多くあります。

また女性看護師と違い男性看護師には出産や育児休暇の必要もなく、子育てに専念ということもないので、病院としても労働力を維持できるという面で助かると思います。

男性看護師の現状は、働きやすくはないと思います

男性看護師が勤務している病院でも、現状では多くの男性看護師の上司に当たる看護師長などは、女性が多いのではないでしょうか。

男性看護師にとっては、働きづらいことが多くあると思います。

男性看護師が増えていくことは間違いないので、いまは我慢の時ではないでしょうか。

病院では男性看護師も結構いますが、クリニックや開業医などでは男性看護師はほとんど見られません。

男性看護師は、立場上女性と異なり夜勤休日出勤もできます。

わざわざクリニックなどを就職先に選択する必要もありませんから、街のクリニックで男性看護師を見かけることも当然ないですね。

給料面からいっても病院の方が仕事がハードな分だけ、給料も高額ということになります。

男性看護師は環境や状況から考えてみても、病院勤めが多くなるのが自然だと思います。

男性看護師の現状から言っても、求人探しは転職サイトですね

男性看護師が次の就職先を探す時には、看護師転職サイトを利用することをお薦めします。

看護師転職サービスのサイトでは、希望条件に沿った職場探しをしてくれます。

自分の希望する条件の職場を見つけて教えてくれます。

病院はたくさんありますから、男性看護師が上司の職場というのもあるかもしれません。

あなたも看護師転職サービスのサイトに無料登録してみませんか?

看護師転職サイトに相談しましょう

1位:マイナビ看護師

マイナビ看護師さんは口コミでの人気が高い看護師転職サイトですね。非公開求人が多く高収入の求人に強いので、イチオシですよ。


2位:ナース人材バンク

ナース人材バンクさんは業界では老舗ですので安心ですね。確実な転職をしたい看護師さんは、こちらも併用しましょうね。


※非常勤(パート・アルバイト・派遣)をご希望の方は、 こちらへどうぞ。

この記事を書いた人

現役看護師「キヨミ」

北陸地方の大学病院で外科病棟に2年勤務し、その後総合病院にて、呼吸器・循環器・消化器・血液内科と内科系を中心に勤務をしてきました。

学生指導や教育担当を経て、今は皮膚排泄ケアの認定看護師として活動しています。

60歳を超えるまで、ずっと看護師一筋で働き続けてきた経験を活かし、悩める看護師さんたちの励みになる記事を書いていきたいです。

  • 保有資格・・・正看護師・ケアマネージャー
  • 出身・・・石川県
  • 年齢・・・62歳
  • 職務経験・・・大学病院・総合病院・訪問介護施設
  • 診療科経験・・・外科・呼吸器・循環器・消化器・血液内科・老年科

ページのトップへ戻る