男性看護師の需要が多い職場は、どこでしょうか?

クリニックではなくてまずは病院であるということです。

救急の看護師や、集中治療室、精神科などには、比較的、男性看護師の需要が多いとされています。

現実的には、男性看護師のほうが安心感があるというものではないでしょうか。

患者さんにとっても働く女性看護師にとっても、男性看護師は力の面で頼れる存在といえます。

男性看護師の需要は、今後ますます高まりますよ

力を必要とする部署では男性看護師の需要はますます高まることが考えられます。

反対に小柄な女性看護師では、患者さんにとっても同僚の看護師にとっても不安を感じることがあります。

男性患者さんや肥満の患者さんは体重もあり小柄な看護師にとっては、本当に抱いたり持ち上げたりするのが大変なのです。すぐ腰痛になってしまいます。

患者さんに不安を持たせるようでは看護師として失格ですね。

その点、男性看護師は女性看護師にも患者さんにとっても看護のあらゆる場面で、頼れる存在になることが多くあります。

男性看護師の需要が高い理由は、いろいろありますよ

また需要の原因として男性看護師は、女性看護師と違って結婚しても退職しません。

当たり前ですが子供を出産しても育児休暇もいりません。

募集している病院は結構多いかもしれません。

女性看護師しかいないと思い需要はあっても諦めている病院もあるかもしれません。

就職するときは前もって、しっかり調べてみると良いですね。

雇い主の病院側にとっては男性看護師はとてもありがたい存在であるといえます。就職するときも男性看護師であるというだけで有利になることもあると思います。

男性看護師は子供や女性患者の病棟である産婦人科病棟には適さないと思います。

しかし泌尿器外来など男性患者が多い外来での需要は高まりそうです。

男性看護師の需要は、転職サイトに聞きましょう

男性看護師が次の職場を探す時には、看護師転職サービスサイトを利用すると良いですよ。

自分の希望する勤務条件を看護師転職サービスのサイトに伝えておきます。

看護師転職サービスのサイトは条件に合った職場を見つけてくれます。

あなたは普段通りの生活をしていても大丈夫です。

看護師転職サービスのサイトがあなたのかわりに探して教えてくれるのです。

男性看護師の方は早速、看護師転職サービスのサイトに無料登録してみませんか?

看護師転職サイトに相談しましょう

1位:マイナビ看護師

マイナビ看護師さんは口コミでの人気が高い看護師転職サイトですね。非公開求人が多く高収入の求人に強いので、イチオシですよ。


2位:ナース人材バンク

ナース人材バンクさんは業界では老舗ですので安心ですね。確実な転職をしたい看護師さんは、こちらも併用しましょうね。


※非常勤(パート・アルバイト・派遣)をご希望の方は、 こちらへどうぞ。

この記事を書いた人

現役看護師「キヨミ」

北陸地方の大学病院で外科病棟に2年勤務し、その後総合病院にて、呼吸器・循環器・消化器・血液内科と内科系を中心に勤務をしてきました。

学生指導や教育担当を経て、今は皮膚排泄ケアの認定看護師として活動しています。

60歳を超えるまで、ずっと看護師一筋で働き続けてきた経験を活かし、悩める看護師さんたちの励みになる記事を書いていきたいです。

  • 保有資格・・・正看護師・ケアマネージャー
  • 出身・・・石川県
  • 年齢・・・62歳
  • 職務経験・・・大学病院・総合病院・訪問介護施設
  • 診療科経験・・・外科・呼吸器・循環器・消化器・血液内科・老年科

ページのトップへ戻る