療養型病院の看護師の仕事には、どんなことがありますか?

療養型病院の看護師の仕事というと、どんなものがあるでしょうか?

療養型の病棟では長期入院の患者さんが多く入院しています。

看護師の仕事としては、病気の治療の補助の仕事と、入院生活を快適に過ごすことができるように日常生活を援助する仕事があります。

疾患のために日常生活動作が低下している患者さんには、看護師は食事介助や排せつ介助、移動介助や移行介助、入浴介助などを行います。

患者さんは生活動作の中で、自分でできる部分は自分で行いますが、できない部分は看護師に介助してもらうのです。

最近では介護度が高い患者さんが多く入院しているので、全介助の患者さんが本当に増えています。

一部介助の患者さんが多く入院している療養型病院の病棟では、看護師は見守りをする仕事が多いのです。

しかし、全介助の患者さんが多く入院している療養型病院では、日常生活動作のすべての部分で介助をします。

介護度の高い全介助の患者さんが多くなると、看護師の仕事量も増しドンドン忙しくなります

体位変換やおむつ交換などの時間ごとの仕事量も増えます。

療養型病院の看護師は一人一人の患者さんのケアプランを立案し、病棟のスタッフ全員で同じレベルの看護の提供をします。

療養型病院の看護師の仕事が得意な看護師は?

療養型病院の看護師は、入院生活をする患者さんの看護計画や目標を立てて、その計画に沿った看護をし評価も行います。

患者さんの入院期間は長く、目に見えて経過が良好という患者さんは少ないのです。

療養型病院の患者さんに対しては、看護師は焦らず気長に前向きに接する必要があります。

コミュニケーションを築くことが好きな看護師には、療養型病院は適している職場であり、やりがいを持って働くことができるでしょう。

看護計画を立てたり、評価をしたりカンファレンスを開催したりといったことが得意な看護師にも適している職場です。

症状が目に見えてよくなることはないので、根気強く気長に患者さんを励ましていかなければなりません。

入院生活が長くなると、次第に病状が悪化して重症化する患者さんも少なくありません。

緊急な場合には、看護師は適切に機敏に対処しなければなりません。

また夜勤時間外勤務、日曜出勤などもあり看護業務も忙しいですから、療養型病院は子育て中の看護師にとっては働きにくい職場だといえるでしょう。

療養型病院の看護師の仕事の特徴は?

療養型病棟には、介護病棟と医療病棟があります。

介護病棟は介護保険が適用される療養病床であり、医療病棟は医療保険が適用される療養病床です。

介護病棟と医療病棟では、看護師の配置人数も仕事内容も異なります。医療病棟では医療の補助の仕事が主となりますが、介護病棟では患者さんの介護の仕事が主になります。

医療病棟では、重症患者さんの排泄管理や呼吸管理、感染管理や栄養管理など、また麻薬管理や輸血管理など、管理の仕事が本当に多くて忙しいのです。

バイタルチェックを頻回に行い、異常の早期発見に勤めますから観察力は養われ、異常時や緊急時の対応にも慣れてきます。

介護病棟に勤務すると、医療病棟よりも患者さんとコミュニケーションを多くとることができるので、介護病棟での勤務を希望する看護師もいます。

介護病棟では治療という面よりも患者さんの日常生活を援助する場面が多いですから、看護の仕事が多いのです。

特に認知症の患者さんが多いですから、その看護は全てを受け入れることから始まるでしょう。患者さんは一度訴えたことをすぐ忘れてしまいます。

患者さんは何度も同じ言葉を繰り返し訴えますが、患者さん本人にとっては繰り返して話しているという意識はなく、いつも初めての感覚で訴えてきます。例えば入浴や食事の催促などです。

患者さんが初めての気持ちで訴えてくる時には、看護師も初めての気持ちで患者さんの訴えを聞き、拒絶せずに受け入れなければなりませんね。

いつも不穏気味で何度も同じ訴えをしてくる患者さんに対しては、特に看護師がそばにいて安心感を与えると、穏やかな症状になります。

療養型病院での仕事は、やりがいもあり面白いと考える看護師は少なくないです。

転職サイトランキングを見る