看護師のうつ病、再就職できる?

看護師が仕事をしていてうつ病になる事はあります。若い看護師の方が年配の看護師よりも、うつ病になる可能性は高いようです。年配の看護師はある程度いろんな面で経験があります。

人間関係にしても看護技術面にしても、経験がある分うつ病になる事を、自分でカバーする能力を持っているといえます。しかし若い看護師には経験が足りないだけ不利であり、うつ病になる可能性も高いと言えます。

もちろん経験の有無だけがうつ病になる原因ではありません。本人の持って生まれたものに環境の因子がプラスされておきます。

人間関係であったり、仕事がハードな事があったり、家庭と仕事の両立に問題があったり、健康面での事が重なりあったりしてうつ病になります。人それぞれにうつ病になる原因は異なりますから、何が悪いとは一概に言えません。

しかしうつ病の治療をしっかり行うことで、看護師として再就職する事は出来ます。うつ病になった原因と思われる因子を除いた職場で働く事が大事ですね。再就職の職場選びはとても大切です。

看護師のうつ 再就職先で再発することはある?

せっかく再就職するのですから、うつ病にならないで仕事をしたいものです。うつ病になった時と同じ環境の職場であれば再発する可能性があります。

再就職する時には、条件を吟味して絶対にうつ病にならないような環境を選ぶべきです。病気を回復している自分も、精神的に強くなっていて、病気に対する対処法も学んでいるはずです。

うつ病になった経験を生かして、病気にならないようにストレスをためないなど注意した生活をする事が大切ですね。しかし人間関係は、いつでも難しくなる可能性があります。

自分で注意していても向こうから災難がやってくることもありますね。絶対にうつ病にならないという保証はありません。しかしそうならないための最善の努力はできるはずです。

環境を整え、強い心で仕事に生活にと頑張りましょう。まじめに物事を重くとらえない方がいいかもしれませんね。なるようになる位の精神の方がうまくいくかもしれません。

看護師のうつ、再就職を安心してできる職場は?

安心して働く事が出来る職場を見つけたいものです。仕事は激務でない方がいいですね。夜勤や時間外勤務日曜勤務はない職場の方が精神的に楽ですし、身体的にも疲労が貯まらなくて良いでしょう。

生命に関わる医療の最前線でない職場が働きやすそうです。医療というより介護とか福祉の面に重点を置いている職場だと、肉体的に負担が軽いかもしれませんね。

訪問看護とか、デイサービスやクリニックなどでも良いでしょう。看護師の働く職場は医療の現場ばかりではありません。

休養がとれて、肉体的にも無理しなくても良い、自分に適した職場を選ぶと良いですね。無理をして病気が再発しては大変です。

スタッフの性格は大事ですから、其の情報収集は難しいですができるだけ注意したいところです。

看護師のうつ、再就職する際のポイントは?

うつ病になった看護師は、似たような環境の職場で働かない事が大事ですね。うつ病になった原因について考え、その原因となる要素が少ない職場を選ぶ必要があります。

忙しい職場は向いていませんね。適度な休養がとれるように遠慮なく休日がもらえる職場が良いですね。常時忙しくない職場が向いています。

医療現場でなく、ゆったりと仕事ができる福祉の方が向いているでしょう。忙しいと仕事に追われ、人間関係までギスギスしてしまいがちです。

人間関係の良好なスタッフに恵まれた環境で働くと、精神的にも疲れにくいですね。うつ病になってもきちんと治療して、又看護師として働くことはできます。

しかし健康が第一ですから、無理をしない事が大切です。無理をして再発しないような環境で生活したいものですね。

自分なりのストレス解消法を見つけて、上手く精神コントロールし、いつも良い状態で過ごしたいですね。

転職サイトランキングを見る