看護師と保健師の違いは何でしょうか?

看護師保健師の違いは何でしょうか?

看護学校卒業後すぐ働くと看護師の仕事が待っています。看護学校を卒業して、また1年保健師の学校へ行くと保健師としての仕事ができます。

看護師は保健師とは違い病気になってしまった人の看護の仕事が多いです。病気にならないための予防の指導もしますが、指導よりも看護を主とした仕事が多いです。

保健師は看護師とは違い病気にならないようにする為の予防の仕事が多いです。保健師の職場は、都道府県や市町村などの保健所や保健センターなどが多いです。

看護師と保健師の違い、仕事は多岐にわたります

保健師は学校や保育所会社など、健康な人のいる職場での仕事がほとんどです。保健所では、妊産婦の妊娠や出産に関する指導や、出産後の乳児の育児指導もあります。

また高齢者が元気でいることができるように健康指導をします。そのための軽い運動や認知症予防のための指導とか、糖尿病や高血圧などの疾患に対する生活指導をします。

保健師は看護師と違い、働く地域の健康予防の仕事もします。自分の働きがすぐに結果になって現れるので、保健師の仕事はやりがいがありそうです。

自分の管轄区域で疾患に罹患する患者さんが少なければ、保健指導をしっかり行い効果が現れているということになります。

また保健師は看護師の免許も持っています働く職場の幅が看護師よりも広くなります。

看護師と保健師の違い、活躍の場も多岐にわたりますよ

行政保健師は役場などに勤務します。企業の会社で勤務する保健師は、産業保健師と呼ばれます。学校保健師は養護教諭とも呼ばれ、学校で学生の心身の健康保持に努めます。

保健師は、看護師と違って病院勤務はほとんどありません。保健師は退職すると、必要に応じて今度は医療機関で看護師として働くことができます。

私の友人も看護学校を一緒に卒業してから、1年間保健師学校で勉強したのです。役場を退職したあとは、病院勤めをしています。

保健師学校と、看護学校を出ているので、仕事にも恵まれ生活にも困らなかったことを、親に感謝したいと言っています。

看護師と保健師の違い、看護師転職サイトに聞きますか?

勉強している時は「何故?私だけ勉強しなければならないの?」と悩むかもしれませんね。その時の苦労が将来しっかり実になるのですから、頑張る価値はあります。

最近では、保険師の資格を取って、発展途上国の母子保健活動や感染症対策、衛生教育などに携わる人も出てきています。

保険師の活躍の場は、ますます広がってきています。看護師転職サービスのサイトを利用してみませんか?

希望条件の職場で働くことができます。

転職サイトランキングを見る