看護師がデイサービスで働くことで得する事はありますか?

看護師がデイサービスで働いて得する事と言うと、肉体的な疲労は病棟勤務と比較すると楽かもしれませんね。病院勤務の看護師の場合には、身体的に不自由な患者さんを看護するので、一般的に身体的負担は大きいです。

デイサービスを利用する高齢者は、身体的に不自由な所はあっても在宅で生活しているのです。看護する側としては、入院患者さんよりも精神的肉体的負担は大きくないと言えそうです。

またデイサービスでは夜勤業務や日曜日の出番がないのです。家庭を持つ看護師や子育て中の看護師などにとっては、とても働きやすい環境だと言えます。

デイサービスにもよりますが、一般的にはヘルパーなどの介護職員も多く働いています。その為に、看護師の人数は少なくその役割としては、利用者の介助というより健康管理面の方が大きいでしょう。

看護師の仕事は、まずデイサービスを訪れる利用者のバイタルチェックをすることから始まります。デイサービスによっては、利用者を自宅まで迎えに行く仕事も看護師が行っている所もあります。

バイタルチェック後身体的に目立った異常がなければ、利用者はいつもの日課を行います。レクレーションをしたり、リハビリを行ったり、入浴をしたり、他の利用者や職員と会話したり、自分の好きな事をします。

看護師は、他の職員と同じく利用者と一緒にレクレーションをしたり、入浴介助や食事介助をしたりして過ごします。利用者の身体の状況を見守りながら、利用者が楽しめるように援助をします。

高齢者が好きな看護師や、レクレーションなどが好きな看護師には適している職場でしょう。時間外労働が無く夜勤もないので、自分の時間を大切にしている看護師にも適している職場です。

看護師の仕事としては肉体的に楽な事が多く、精神面でも人の命に直接関わる場面が少ないのでその為に疲労感も少ないでしょう。

看護師がデイサービスで働く事で不都合な点はありますか?

看護師がデイサービスで働くにあたっては、それほど不都合な点はないでしょう。ただヘルパーなどの介護職員が多く、看護師が少ないわけですから、仕事面での看護師の意見が軽く受け取られてしまうという心配点はあります。

しかし何か利用者の健康面で不都合が生じた場合には、数少ない看護師は頼りにされますね。仕事としては看護師が少ない分信頼もされますし、目的をもって働く事でやりがいも見出せるでしょう。

患者さんの看護がしたいと考えている看護師にとっては、病院で看護師の仕事をするわけでないので、満足できない面はあるでしょう。

デイサービスを利用する高齢者の健康管理と、医師の指示に基づく簡単な処置を行うだけなのですから、その点を不満に感じる看護師はいます。

その場合には病院などで働き、看護師として忙しく働き満足感を得るより他ありません。デイサービスでは、在宅で過ごす高齢者やその家族を身体的精神的に援助しています。

在宅で高齢者の介護をする家族は、精神的にも肉体的にも休養が取りずらい状況にいます。家族は在宅で高齢者を介護する時に、分からない事や不安な点などもありますから、デイサービスの職員を頼りにして相談をしたりします。

デイサービスで働く看護師は、利用者である高齢者の援助と共に家族を支える役目も担う事になります。毎日自宅で過ごしている利用者は、下肢筋力は低下しやすく、いつも同じ生活と環境の為に精神の活性化もできにくくなっています。

デイサービスでは利用者の日常生活に関わりながら、精神的にも身体的にも援助していくのです。食事介助や入浴介助もしますし、リハビリの介助もしレクレーションなども利用者と共に行います。

利用者が「また次回も来よう」と思ってもらえるような援助をしていかなければなりません。利用者がデイサービスを利用している間は、在宅介護をしている家族も休養をとる事が出来るのです。デイサービスは、利用者にも家族にとっても必要な施設なのです。

転職サイトランキングを見る