看護師がヘルニアになった時?

看護師がヘルニアになる確率は高いです。その原因は、看護師の仕事の内容が、腰に負担のかかる仕事が多いということです。

看護師の勤務する職場によって仕事の内容が異なりますから、ヘルニアになる確率はどんな職場で働いていて仕事内容はどんなことかによって違ってきます。

一般的に、福祉施設よりも病棟勤務の看護師の方が腰への負担が大きい仕事をしています。またクリニックよりも夜勤などがある病棟勤務の看護師の方が、腰痛を抱えている看護師は多いです。

腰痛になった時には無理せず休養を取るのが一番良いです。診察してもらい身体的にヘルニアなどが無いかを確認しておくと安心できます。

ヘルニアでも、外科的処置が必要か保存的治療で良いかについても調べてもらいます。

保存的治療で良い場合には、安静にしたり、仕事をする時にはコルセットをしたり、整骨院やマッサージに通ったり、内服治療をしたりします。

無理をして腰痛が長引いても困りますから、できるなら休暇をもらい安静にすると良いですね。看護師は忙しく人手も足りないので、ヘルニアが少し良くなるとつい仕事に出てしまう事が多いのです。

休暇をもらっているのが悪いような気がして遠慮してしまうのですね。その事が返って腰痛を悪化させるので、診断書をもらって職場に提出しておくとよいでしょう。

腰痛が楽になって職場復帰する時もコルセットなどは必要です。一度腰痛になると、また繰り返す事が多いのです。

とくに看護師は夜勤などで疲れた時や、風邪をひいている時など体調が良くない時には腰痛を再発しやすいです。

看護師がヘルニアになっても仕事が出来ますか?

看護師がヘルニアになったら、やはり休養を取り安静にしてヘルニアを改善してから仕事をするのが良いです。

腰への負担が少ない部署に異動を希望する事も出来ますから、上司にヘルニアについて相談してみると良いです。外来勤務では、病棟勤務と違いそれほど腰への負担がかかる仕事は少ないのです。

どうしても腰への負担が軽減する部署への移動が困難な場合は、腰痛の有無によっては転職することもやむを得ないかもしれませんね。

ヘルニアが改善しなければ、看護師の仕事を続ける事は難しくなるのですから、とりあえず腰への負担をなくす仕事に変えなければなりません。腰痛が軽減した場合にはコルセットを着用しながら仕事をする人もいます。

病院勤務の看護師にヘルニアを発症する人が多いのにはそれなりのわけがあります。患者さんの臥床しているベッドは、看護師が中腰で看護する高さになってます。

最近では高さを調節して看護がしやすいベッドも出てきていますが、全ての病院でそんなベッドが使用されているわけではありません。

ヘルニアになる原因は中腰での仕事という事もありますがそればかりではありません。患者さんの日常生活の介助をする場合には、体の不自由な患者さんを持ち上げたり抱える体制を取る場合が多いのです。

食事介助の時には中腰で介助をします。排泄介助の時には、ポータブルトイレに移行介助をしたり、おむつ交換をしますからどちらにしても腰に負担がかかります。

入浴介助の時には、ストレッチャーへの移動も加わりますから患者さんを持ち上げる介助が必要になります。体位変換の時には患者さんの体位を、身体を持ち上げて帰るのですから結構負担です。

看護の仕事は、看護師の腰に負担をかけヘルニアの要因となる事が殆どです。若いうちはそれほど負担でなくても、中年になってくると、身体に及ぼす影響も大きくなってきます。

看護師は自分の身体を自分で守らなければなりません。そうでなければ、自分の健康管理もできないと上司に批判されます。

コルセット装着したり、整骨院やマッサージに通ったりして腰痛予防をする看護師は少なくないです。どうしてもヘルニアが改善しない場合は、腰への負担が少ない仕事内容の職場に転職する看護師もいます。

自分の身体にあった無理をしない仕事内容の職場を選択することで、長く仕事を続ける事が出来るのならそちらを選ぶ方が賢明かもしれませんね。

転職サイトランキングを見る