看護師の争奪戦が繰り広げられて、はや10年以上経ちますね。看護師の争奪戦とは何か、看護師争奪戦を上手に利用するための方法をお話ししますよ。看護師争奪戦を賢く利用しましょうね。

看護師の争奪戦は7対1がきっかけになって起こった問題ですよ

看護師の争奪戦という言葉を聞いたことがありますか?看護師の争奪戦とは、その言葉通り、病院などの医療施設や介護施設が看護師を確保しようと躍起になって、看護師を取り合っている状態のことです。

日本では戦後の時代からずっと、看護師不足は続いていたので、看護師の争奪戦は常に続いていました。

看護師が不足しているのですから、どこだって、必要な看護師数を確保しようとするのは当たり前のことですね。

ただ、この看護師の争奪戦が一気に顕著になったのは、2006年度からですね。2006年度に何が起こったのかというと、診療報酬の改定です。

診療報酬が改定されて、患者7人に対して、常に看護師1人以上を配置していると、診療報酬が増えるようになったのです。

このように入院基本料が改定されることで、大病院は必死で看護師をかき集め、7対1入院基本料の基準を満たそうとしました。

そのため、2006年以降、大病院を中心に看護師の争奪戦が繰り広げられているのですよ。

2006年以降、急激に託児所を作る病院が増えたのも、看護師の職を離れている潜在看護師に復職してもらって、看護師を確保しようとしたからだと思います。

看護師の争奪戦は好条件で働くための大チャンスなのです

看護師の争奪戦が繰り広げられるようになって、10年以上経ちました。

一時期よりは、争奪戦は落ち着いたかもしれませんが、まだまだどこの病院も看護師不足に悩まされていますので、争奪戦は続いていると言えるでしょう。

この看護師の争奪戦は、実は現場で働く看護師にとっては大チャンスなのですよ。

何がチャンスなのかというと、今の職場環境よりもより良い条件・より良い給料で働くためのチャンスなのです。

大病院も、そして大病院に看護師を取られてしまって、争奪戦に敗れた中小の病院や介護施設も、看護師不足に悩んでいます。喉から手が出るほど看護師が欲しいのです。

ということは、需要と供給のバランスを考えると、看護師の争奪戦が起こっている状態は「需要>>>供給」と言えますね。

需要が供給を上回れば、当然ながら労働条件や給料は看護師に有利になっていきます。そのため、看護師争奪戦が起こっている今は、看護師にとっては転職の大チャンスなのです。

転職すれば、今よりもずっと良い条件で、良い給料で働くことができるのですよ。看護師の争奪戦を上手に利用して転職しましょうね。

看護師の争奪戦を上手に利用するためにはどうすれば良いのでしょうね?

看護師の争奪戦が起こっている現在は、看護師さんにとって転職するのに良いタイミングであり、今よりも良い条件で働くことができるチャンスなのですよ。

でも、ただ普通に転職しても、良い条件で働くことはできません。良い条件を最初から提示すれば、看護師は確保できますが、人件費がかさみすぎて、経営が立ち行かなくなりますから。

人件費がかさんで、経営に行き詰ってしまったら、何のために必死に看護争奪戦を繰り広げているかわかりませんので、病院側はできるだけ人件費は抑えたいと思っているのです。

そのため、最初は良い条件を提示してきません。では、看護師の争奪戦を上手に利用して、良い条件で働くためには、どうすれば良いのでしょうか?

少しでも良い条件で働くためには、転職支援サイトを利用しましょうね。

転職支援サイトなら、あなたの代わりに担当コンサルタントが条件や給料の交渉をしてくれます。

複数の病院を天秤にかけて、交渉してもらうことも可能ですから、自分で交渉するよりも、ずっと良い条件・良い給料を相手から引き出すことができるのですよ。

看護師争奪戦を上手に利用するためには、転職支援サイトを上手に利用しましょうね。

そうしたら、「え!?こんなにお給料が上がるの?」とか「こんなに休みが増えたのに、給料は前よりも上がった!」と飛び上がって喜ぶような転職ができるのですよ。

転職サイトランキングを見る