看護師長が休みをくれないことはありますか?

休みを希望しても看護師長が休みをくれないということはあります。海外旅行を理由に、2週間ほどの休みを半年ほど前から希望していてももらえないことがあります。

職場の看護師不足のせいで、一人の看護師が抜けても病棟の勤務が回らなくなることがあります。

1日や2日の休みであれば希望を聞いてもらえるでしょうが、長期にわたる休みの場合にはなかなかもらえない職場が多いのが現実です。

たくさんの休日をまとめてもらえないのであれば、せめて1日づつでもたくさんもら得ることができると良いですね。

しかし、職場の仲間がだまって仕事をしている場合には、自分だけわがままを言っているような気持になりつい遠慮してしまうのですね。

休みの日数などは決められていることなので、個人的に遠慮はいらないのです。当然の権利なのですから、看護師不足を言い訳に休みをくれないこと自体が正当性の無いことです。

自分の時間や休日を大切に使いたいと考えている看護師は、休日をしっかりと取れる職場を選択して就職しなければならないでしょう。

看護師長が休みをくれない時にはどうしますか?

その職場での仕事にやりがいを持って働いている場合には、休みがもらえなくても我慢して働く看護師は少なくありません。休みをくれないからとすぐに退職することはないでしょう。

しかし何度も休日がもらえない状況が続くようでは、必要に応じて退職についても考えていかなくてはいけませんね。まず看護師長に話をしてみることです。

休みは職場の規約でも定められているはずですから、しっかり主張できます。働き続けて休日が少なければ、肉体的にも精神的にも過酷すぎる職場といえます。

疲れがたまるとストレスもたまったり、精神的に参ってしまったり、体のあちこちが痛くなってきたりします。夜間寝ても疲れが取れない慢性疲労の状態になったりします。

体を壊してしまう前に適切に対処して、最終手段には転職ということを念頭に入れておかなければいけないでしょう。

また同じ看護師をしている職場の違う友人に話を聞いてみるのもよいです。他の職場では、休みをもらえない場合にはどうしたかということも参考になります。

どんな職場が休みをくれないのですか?

休みがもらえない職場は、なんといっても看護師が足りていない職場です。急患が多い緊急外来などで勤務している看護師には、まとまった休みはもらいずらいでしょう。

そこで働く看護師たちは、自分の休みよりも仕事を優先にして働いている看護師が多いからです。患者さんの生命にかかわる仕事を希望して働いているいる場合には、なおさら自分のことは後回しになるでしょう。

休日についての要求をすることも少ないでしょう。スタッフの休みの回数については、看護師長によっってもその考え方によって異なります。

同じ病院でも病棟によって、年休が少なかったり多くとることができたりするのは、やはり看護師長が異なるからでしょう。

勤めていると当然の権利である年休にしても、殆どもらうことができない所もあるのです。看護師不足のほかに、看護師長の休みに対する考え方が影響していることは間違いなさそうです。

病棟で働くスタッフによっては、休みを多く当たる職場もあります。その職場で働く看護師たちが、皆で休みについての要求をすると効果があることがあります。

スタッフには看護師長と同じくらいの影響力を持つ力のある看護師もいるのです。そんな看護師が主になって抗議をすると大体の要求は通る場合もあります。

それぞれの病院の規約や、看護師長の性格や、そこで働くスタッフの意思により希望する休みがもらえるということもありますね。

休みが少ないので転職を考えている看護師は、まずは今の職場で頑張って行動をしてみませんか?

休みがほしくない看護師は本当に少ないでしょうから、他のスタッフの共感を得ることができるでしょう。

転職サイトランキングを見る