看護師は係業務があると、仕事量が増えますので、ストレスが溜まりますし仕事中心の生活になってしまいますね。係業務が嫌な看護師さんのために、係業務のストレスから解放される方法をお話しますよ。

看護師は係業務で仕事が増えてストレスが溜まりますね

看護師は係業務があると、仕事が増えますね。病棟では感染対策係や褥瘡対策係、クリニカルパス係、物品係などの様々な係があり、病棟で働く看護師は、これらの係のどれかに属さなくてはいけないことが多いのですよ。

係業務を行うと、感染対策係なら感染に関する知識を得られますし、褥瘡対策係なら褥瘡対策の知識を得られます。

クリニカルパス係なら、治療法や看護の知識を得られますので、係業務は看護師にとってプラスになることがたくさんあります。

でも、実際はプラスになることよりも、業務量が増えてマイナスになることが多いのですよ。

係業務があると、残業をして係の仕事をしたり、仕事を家に持ち帰って自宅で仕事をしなくてはいけないので、ストレスが溜まってしまうのです。

しかも、先輩看護師と一緒に係業務をすると、先輩看護師に気を使って、「私がやっておきます!」と先輩看護師の分まで仕事をしなければいけないこともあるので大変なのですよ。

看護師が係業務をするなら、できるだけ業務時間内に行いましょう

看護師は係業務をすることで、業務量が増えてしまい、ストレスが溜まりますね。では、係業務をしながら、できるだけストレスを減らすにはどうしたら良いのでしょうか?

まずは、病棟内で係業務にストレスを感じている同僚の看護師さんを探しましょう。

そして、あなたと同じように係業務にストレスを感じている看護師さん数人を集めて、師長に係業務で残業をするのは嫌であることを訴えるのです。あなた1人だけで訴えるよりも、複数で訴えたほうが師長も真剣に対応してくれるはずです。

病棟を運営していく上で係業務は必要なものですから、病棟で働く以上、係の仕事は避けては通れないものです。

でも、残業をするのは嫌、家に仕事を持ち帰るのも嫌。これもよくわかりますし、当然のことですね。

それなら、業務時間内に行えたらどうですか?業務時間内に係業務を行えたら、係業務のストレスが減りますね。そうできるように、師長に訴えるのです。

ただ、患者さんを受け持ちながら、係業務をするのは難しいので、係業務をする必要がある場合は患者さんを受け持たずに、フリー業務をさせてもらうようにしましょう。

必要な時はほかの看護師を手伝ったり、フォローしたりするフリー業務なら、ちょっと手が空いた時間に係業務をすることができますね。

業務時間内に係業務ができれば、ストレスを軽減させることができるのではないでしょうか?

看護師は係業務がどうしても嫌なら、係業務がない職場へ転職してみては?

看護師は係業務がどうしても嫌という場合はどうしたら良いのでしょう?業務時間内に係業務を行えても、面倒くさいから嫌という人もいるでしょう。

また、師長にフリー業務中に係業務を行いたいと訴えても、「人手不足でできない」とか「今まではみんな残業しながらやってきたんだから、あなたも頑張って!」と却下されてしまうこともあると思います。

そうすると、結局は残業したり、自宅で係業務をしなくてはいけないので、ストレスが溜まります。

もし、どうしても係業務がストレスで嫌という場合は、係業務がない職場へ転職してみてはいかがですか?

病棟では係業務があることが多いのですが、看護師の職場の中には係業務がないところもあるのですよ。係業務がない職場へ転職すれば、今抱えているストレスから解放されるはずです。

係業務がない職場はクリニックは介護施設などです。また、規模が小さめの療養型病院も係業務がない、もしくは係業務の仕事量がとても少ないところがあります。

係業務がない職場へ転職すれば、残業が少なくなりますし、ストレスなく看護業務に専念することができますので、精神的にゆとりを持って働けるはずですよ。

ただ、すべてのクリニックや介護施設、規模が小さな療養型病院で、係業務がないとは限りません。係業務があるところがあるかもしれません。

それなのに、「クリニックなら係業務がない」と決めつけて転職してしまうと、転職後に係業務があることを知って、転職を後悔することになりますね。

それを避けるためには、転職支援サイトを使うと良いですよ。転職支援サイトなら、担当コンサルタントに「係業務がない職場に転職したいです」と伝えれば、コンサルタントが係業務の有無をきちんと調べて、確実に係業務がない職場を紹介してくれるのです。

看護師転職サイトに相談しましょう

1位:マイナビ看護師

マイナビ看護師さんは口コミでの人気が高い看護師転職サイトですね。非公開求人が多く高収入の求人に強いので、イチオシですよ。


2位:ナース人材バンク

ナース人材バンクさんは業界では老舗ですので安心ですね。確実な転職をしたい看護師さんは、こちらも併用しましょうね。


※非常勤(パート・アルバイト・派遣)をご希望の方は、 こちらへどうぞ。

この記事を書いた人

現役看護師「キヨミ」

北陸地方の大学病院で外科病棟に2年勤務し、その後総合病院にて、呼吸器・循環器・消化器・血液内科と内科系を中心に勤務をしてきました。

学生指導や教育担当を経て、今は皮膚排泄ケアの認定看護師として活動しています。

60歳を超えるまで、ずっと看護師一筋で働き続けてきた経験を活かし、悩める看護師さんたちの励みになる記事を書いていきたいです。

  • 保有資格・・・正看護師・ケアマネージャー
  • 出身・・・石川県
  • 年齢・・・62歳
  • 職務経験・・・大学病院・総合病院・訪問介護施設
  • 診療科経験・・・外科・呼吸器・循環器・消化器・血液内科・老年科

ページのトップへ戻る