看護師が個人病院で働く場合の仕事は?

看護師が個人病院で働く場合、スタッフが少ないですから、看護師は看護業務ばかりでなく、レントゲン技師の仕事を手伝う事もあります。

検査技師の仕事を手伝ったり、薬剤師の仕事を手伝う事もあります。大きな病院ではする機会がない、他の業種の仕事もマスターできるのです。

大きな病院では心電図は検査技師がする事が殆どです。個人病院ではスタッフが少ないですから、掃除なども看護師が行う場合があります。

炊事のスタッフが少ない個人病院では、看護師が手伝う事もあります。どの仕事について多く手伝う事があるかなどは、それぞれの個人病院により異なります。

大きな病院では、看護師がする事は看護業務だけですが、個人病院では看護師の業務以外にも看護師が行う事が多いのです。仕事を多く覚える事ができるメリットが個人病院にはあります。

しかし難病など難しい疾患に関する治療は個人病院ではなく大学病院などの大きな病院で行うので、疾患や治療看護についての知識を深める機会は少ないですね。

看護師としてのキャリアについて考えるのであれば、個人病院よりも大きな病院で働く事の方が適しています。

看護師でも、技術者の資格を取りたいのであれば、その資格をとる事が出来る診療科のある個人病院を選択して就職すると良いですね。

たとえば、ファイバースコープをとる資格がほしければ、胃腸科専門の個人病院を選ぶなどです。個人病院ですから看護師の数も少ないので、緊急時には定時に帰宅できない場合があるかもしれません。

看護師が個人病院で働くメリットは?

看護師が個人病院で働くメリットは、何でしょうか?

個人病院は、大きな病院のようにスタッフの看護師の数が多くはありません。人間関係の複雑さついて悩んだり、トラブルに巻き込まれて悩むと言う事は少ないかもしれません。

個人病院であれば勤務時間などに関しても、融通がきくと言う事はありえますね。雰囲気も大きな病院よりも家庭的な面があります。

看護師であれば病院の事を大切に考えるようになりますし、院長もスタッフの看護師を大切に考えるでしょう。大きな病院よりも個人病院の方が労使間の関係が親密になると言う事はありますね。

個人病院の看護師は家庭の問題についても職場の上司に話し、勤務時間や日にちの変更などの融通をきかせてもらう事もできます。

大きな病院は郊外にある事が多いのですが、個人病院は一般に街の中にあります。個人病院で働く看護師としては、一般に交通の便が良く通勤に適した職場で働く事になります。

家庭を持つ主婦である看護師にとっては、買い物がしやすく、自宅近辺の職場であれば、郊外の職場よりも生活しやすい職場だと言えますね。

看護師が個人病院を好んで選択する場合。

看護師で個人病院を選択する人は、家庭的で人間関係について悩む事が少ないと言う理由で個人病院を選んでいる人が多いと思いますね。

しかし個人病院の看護師の人数が少なくても、同じ職場で働く人が自分と相性があわない人である可能性もあるのです。

そんな時には、大きな病棟に勤務するよりも身近な分だけ余計に関係が悪化する場合もあります。個人病院への勤務も、勤めている看護師の人間性など良く調べてから就職する事が理想ですね。

また個人病院では、看護師は自分の得意とする診療科を選んで就職する事が出来ます。自分のやりたい看護に関わる事が出来る可能性は、大きな病院で配属される職場で働くよりも、確率的にはずっと高いのです。

外科で看護師の仕事をしたいと考える看護師は、外科専門の個人病院を選択すればよいのです。神経内科の仕事に興味がある看護師であれば、神経内科専門の個人病院を探して就職すればよいのです。

産婦人科の仕事に興味があるのであれば産婦人科専門の個人病院を探せばよいのです。すぐに自分が興味のある診療科で、又自分の得意とする診療科で働く事が出来ます。個人病院も病院ですから、もちろん夜勤や日曜出勤はあります。

個人病院に入院している患者さんは重症でない人が多いので、大きな病院での夜勤業務よりも肉体的精神的に楽かもしれませんね。

個人病院で手に負えない難しい疾患の患者さんは、殆ど紹介状を持って大きな病院へ行きます。もし夜勤や日曜出勤が嫌だと言う事であれば、個人病院よりもクリニックでの勤務が適していますね。

転職サイトランキングを見る