看護師免許は国家試験に合格すると資格取得できます。

看護師は国家資格ですから、試験は大阪とか東京などの主要都市で行われます。

地方で看護師の資格を取得しようと考える看護師にとっては不便かもしれません。

看護師免許を取得するために、地方に住む学生は都会の試験会場へ出向くのです。集団で電車に乗るので旅行のような気分でもあります。

個人的にはクラスメイトが一緒に受験するので、緊張はするけれども心強かった事を覚えています。

試験が終わった帰りの電車は、修学旅行のように楽しかったです。

看護師免許は看護師の専門学校を卒業する必要があります。

高校を卒業すると、看護師の専門学校で3年間勉強します。医学や看護などの勉強と、病棟での実習をします。

看護学校の3年間には、それぞれの看護学生はいろいろな体験をします。教室でも、病棟でも、寮生活でもです。

途中で看護師になる事を断念して退学していく学生もいるのです。全員が無事に3年間を終了できるわけではないのです。

試験に赤点をとると追試があります。その追試で合格点が取れなければ、追試の追試もあるのです。実習の後はレポートを書かなくてはなりません。

短期大学で3年間学ぶ方法もあります。大学で4年間勉強すると、看護師だけでなく保健師助産師学校の保健の先生など多くの資格取得の為の試験を受験する資格を得る事が出来ます。

看護師になっても就職先は幅広いのです。沢山の資格取得できるとますます就職に有利になります。

看護師免許はまず、国家試験を受験する権利を持ってから。

看護師免許を取得するためには、国家試験を受験しなくてはなりません。国家試験を受験するためには権利が必要なのです。

その権利とは、専門看護学校を卒業しているとか、短大で3年間看護の勉強をしたとか、看護大学を卒業しているなどです。

看護師免許は、まずその条件を満たしていなければなりません。

それらの条件を満たして初めて、看護師になるための国家試験を受験できるのです。

国家試験に合格してはじめて看護師免許をもらう事が出来るのです。

看護師求人転職サイトに登録して、合格後の就職先を探す事が出来ます。自分の希望する勤務条件の職場の情報の提供もしてくれます。

転職サイトランキングを見る