看護師が円満退職するために注意したいことは?

看護師が円満退職を目指すなら、自分の都合ばかりを優先せず、今までお世話になった職場の都合も考慮することです。看護師不足ですから、退職した後にすぐ、新しい看護師が入職することはまずないのです。

職場では突然の退職者のために、看護師の数が足りず仕事が円滑に回らなかったり、他の看護師に負担をかけてしまうこともあるのです。

現場に多大な迷惑と損害を与える可能性は十分に考えられますから、早めに上司に退職について話しておきましょう。

円満退職のためには、退職の時期や休職の時期などは一方的に伝えるのではなく、医療機関側や上司と話し合ってお互いが納得できる日を決定しましょう。

自分勝手な一方的な退職の仕方は、心証を悪くするとともに退職手続きを遅らせる結果にもなります。

正職員が退職する時には、年金や税金、健康保険や雇用保険といった事務手続きが必要になります。また、健康保険証を職場に返却したり、雇用保険被保険者証や年金手帳や源泉徴収票などを職場から受け取るなどの手続きもあります。

それらを順調に滞りなく済ますために、そして何より退職金が減額される事なくもらうことができるように、就業規約に沿った退職の手続きをとりたいものです。

慌てて「とにかく退職しなければ」と考え「職場の人たちにお世話になったお礼の挨拶もしなかった」と言うのでは、社会人として恥ずべきことです。

前もって退職することを伝えず突然に退職することは、退職金についても、まともに請求できない状況を自分で作るようなものです。

もちろん突然の退職ということで、職場からの退職金の支払いもなく結果的に自分の損になるのです。あとで「円満退職しておけば良かった」などと後悔しても手遅れです。

看護師が円満退職するために先ずすることは何ですか?

看護師が円満退職するためには、早めに直属の上司に、退職を決意する原因になった悩みなどについて相談することです。退職する決心をするまでには、悩みや葛藤などいろいろありますが、その過程を上司にも理解してもらいましょう。

悩みを解決するための手掛かりとなるような、適切な指導や返答をされた場合には、もちろん問題が解決するのですから退職する必要はなくなるのです。

上司に相談しても悩みを解決する為の適切な返答がない場合には、上司も退職することについて「退職する以外に方法はない」と理解してくれるでしょう。

直属の上司が退職者ではない第三者から、あなたの退職についての噂話を聞くようなことのないように注意しなければなりません。

そんな時には、上司のあなたに対する印象は悪くなり、円満退職というわけにはいかなくなります。突然看護師に退職される職場では、看護師の補充のために次の看護師を探す期間が必要です。

円満退職を考えるのであれば、できれば6カ月から2か月前までには、退職についての意向を職場側に伝えておきたいですね。

看護師に円満退職は必要ですか?

看護師が円満退職することで、事務的な処理がスムーズにできたり、退職後の事務整理などの指導なども丁寧にしてくれるでしょう。

また人生にはいろいろなことがありますから、どんな事情や縁があって再び同じ職場に就職するとも限らないのです。

「退職するのだから、もう二度と会うこともない」と思っていても人生ですね、ちゃんと会いたくないと思っている人にも会うようにできているものです。

その時に恥ずかしい思いをしたり、みじめな思いをすることにならないように最善を尽くしておきましょう。

ほとんどの人が生活の為、収入のために働くのですから「人にどう思われようと背に腹は代えられない」という心境なのです。

どこで誰と会っても都合の悪い思いをすることの無いように、人間関係はよくしてから円満退職したいですね。

私も一度円満退職した職場に数年後再就職した経験があります。「今は人の噂話になっているかもしれないけれど、時が経てば誰も何も言わなくなる」そう考えて頑張ったものです。

後々困ることのないように気持ちよく円満退職しておくことが、自分の為でもあり社会人としての常識でもあります。

転職サイトランキングを見る