看護師の再就職、ブランクのある場合は不利ですか?

ブランクのある看護師も、もちろん十分に看護師として再就職できます。

看護師不足が長く続いているのですから、希望する職場に就職することも可能なのです。

日勤のみの勤務や、時間外勤務をしないなど、勤務形態の希望を取り入れてくれる医療機関もあります。

潜在看護師を少しでも社会に戻すために、ブランクのある看護師のために研修を行っている医療機関もあります。

入職時に心肺蘇生や採血の方法、医療機器の使い方などの研修を行うのです。

入職時の研修は、基本的な看護技術や知識を教えてくれるます。

ブランクのある看護師にとっては不安を軽減するために必要な研修になります。

ブランクのある看護師が就職する時には、医療行為が少ない介護施設などを選択することも良いでしょう。

急に高度な医療や看護を行う所に就職して、自信をなくすことを避ける事が出来ます。

最初は大変かもしれませんが、一から学びたいという謙虚な気持ちとやる気があれば、以前のように看護師として働く事が出来るはずです。

看護師の再就職でブランクある人に多い職場は?

介護施設は、基本的に医療は必要ない方が利用しています。

デイサービスや、グループホーム、健康診断の仕事などあまり医療にあまり携わらない職場も多いです。産業看護師は、病院ではなくて一般の会社勤務をします。

看護師として働く事が出来る職場は広範囲です。

そのうえ看護師は需要が高いですから、ブランクのある看護師もちゃんと再就職できます。

長く仕事を続けるためには、自分にあった職場選びが大切です。

職場の雰囲気も穏やかでゆったりとしている施設が多いのです。ブランクのある看護師には適している環境と言えますね。

ブランクのある看護師の復職支援体制が整っている病院を選ぶ事も大切です。

福祉施設を選ぶなど復職しやすい環境の職場を選ぶことは、継続して働くためには大切です。

しかしバリバリ医療の現場で活躍したいと考える人もいます。そう考える時には、ブランクを解消するための研修を受けたり、プリセプター制度のある病院などに勤務すると良いですね。

看護師の再就職、ブランクがある人の不安とは?

やはり看護の仕事を以前と同じようにこなす事が出来るか否かが一番の不安点です。

医療現場は日々進歩しているので、医療機器の取り扱いがちゃんとできるか、看護技術の進歩についていけるかという点ですね。

また、不規則な勤務体制に身体が付いていくかどうかという点も心配なところです。

看護師の仕事は、重労働で体力的にもきつく、日勤と夜勤の両方に入るため生活リズムが狂ってしまうこともあります。

体調を崩して仕事を辞めざるを得ない人もいます。

一度身体を壊して退職した経験のある看護師であればなおさら、勤務時間には条件をつけたいですね。

復職する時の条件として、夜勤は入れないなどの希望を出す事が大事です。

健康に自信のある看護師であればもちろんそんな心配はいりませんね。

昼夜関係なくどんどん働ける強靭な肉体を持つ看護師ももちろんいます。

何かと不安はあるけれども、とりあえず看護師として働き始める事を考えましょう。実際に仕事をし始めると、意外にとり越し苦労だったということもあります。

看護師転職サイトでは、ブランクのある看護師に適している職場の紹介もしてくれます。

無料登録してコンサルタントに再就職の相談をしてみませんか?

ブランクがあるのですから、最初から無理せずあなたにあった職場を探してもらいましょう。

得意とする診療科はどこか、時間帯はどうするか、日曜出勤は可能か、給料はどのくらいが良いかなど全て考慮します。

勤め先は自宅近辺の方が安心できますね。子供の幼稚園のお迎えに間に合うようにもできるでしょう。

ライフスタイルに合わせた再就職は可能なのです。

自分の納得できる条件の職場を探すのです。転職サイトでは全面的に支援してくれます。

無事に再就職できるまでコンサルタントが無料でサポートしてくれます。早速貴方も転職サイトに登録してみませんか?

転職サイトランキングを見る