看護師の再就職、履歴書は、重要でしょうか?

仕事の内容が書かれています。

何を主にしてきたか、どんな診療科でどれくらい経験を積んできたかという事を雇う側は知る事が出来ます。

どのような経験と知識があるかを知ることにより、再就職先の職場で雇うメリットを考えるのです。

即戦力となりうるか、又はその可能性が十分あるかを見極めます。

その上で雇うか否かを決めるわけですから、雇う側にとっては履歴書は必要なものです。

再就職を希望する看護師にとっても、履歴書は就職できるか否かのカギになります。

丁寧に、考えながら、正直に書く事が良いです。誠実さは、履歴書からもうかがえる事が出来ます。

形式だけで履歴書を求めてくる職場もあります。私は以前勤めていた病院を退職して、数年後に再就職した事があります。

再就職を頼みに行った時に、すぐに採用の内定をされたのです。

「いつから働きに来て下さい」「履歴書を持ってきてください」といった具合です。

看護師不足の医療機関は多いですから、そんな形で再就職をする看護師も少なくないのです。

現在私の勤める病院では、履歴書は必要ですが、どちらにしてもすぐに再採用されているようです。

履歴書を吟味して採用か否かを決定すると言う暇な事はしていないようです。

即採用とまではいきませんが、だいたいそれに似たような形です。

社会的に看護師不足が続いているので、採用者側の職場の方でもチャンスは逃したくないと考えるのでしょうね。

看護師が再就職の履歴書に書いてはいけないことはありますか?

履歴書に書いてはいけない事はないでしょう。何もかも正直に書く事が良いです。

転職が多い場合に、その人柄が誤解される事を恐れて正直に書かない看護師がいるかもしれません。しかしそれでは履歴書を書く意味がありません。

ありのままを書くことで、誠実な看護師の人柄を理解してもらう事が出来ます。

後は面接の時に、履歴書では書くことのできなかった事を補って伝えると良いでしょう。

履歴書で飾って書いても、面接時の言動で不誠実さを見せつけるようなことになっては何もなりません。

履歴書には、それまでの自分の人生が書かれているのです。

やましい事なく頑張ってきたのであれば、自分の経歴を隠す必要はありません。

堂々と正直に書くのが良いと思います。その方が自分らしくて良いし、ありのままの自分を理解して雇ってもらえるのです。

再就職後も肩ひじ張らずに、伸び伸びと仕事ができるでしょう。

伸び伸び仕事ができる環境であれば、より即戦力になることができ、それ以上の仕事もできるのです。

看護師の再就職で履歴書の書き方にポイントはありますか?

再就職する看護師は多いです。

再就職したからと言って引け目に感じることは、何もありません。再就職した回数だけ、それぞれの病院で学んだことも多いのです。

多くの診療科で学べば学ぶほど知識は増えて、次の職場で活かすことも多いのです。

再就職の回数の多さは、その看護師の知識の多さになるかもしれないのです。

ずっと同じ職場で働いていたのでは、学ぶことも限られてきます。

履歴書には隠さず自分の経歴を書き、知識の多さをひけらかしても良い位です。

履歴書の内容によっては、再就職する職場で、自分の知識を十分発揮できる事を知らせることもできるのです。

自分らしく誠実に生きてきた事を伝えても良いと思います。

包容力のある就職先の採用者は、履歴書の中に書かれていない看護師の良さをきっと理解してくれるでしょう。

再就職時の履歴書の書き方のポイントは、正直に誠実に書くことだと思います。

本当の自分を見せても大丈夫なように、貴方は看護師として一生懸命に生きてきていると思いませんか?

もしそうでなくても、貴方の誠実さは再就職先に理解してもらえます。

転職してきたそれぞれの診療科で得た多くの知識は、新しい就職先に求められるものかもしれません。

看護師転職サイトに相談しましょう

マイナビ看護師

マイナビ看護師さんは口コミでの人気が高い看護師転職サイトですね。非公開求人が多く高収入の求人に強いので、イチオシですよ。



※非常勤(パート・アルバイト・派遣)をご希望の方は、 こちらへどうぞ。

この記事を書いた人

現役看護師「キヨミ」

北陸地方の大学病院で外科病棟に2年勤務し、その後総合病院にて、呼吸器・循環器・消化器・血液内科と内科系を中心に勤務をしてきました。

学生指導や教育担当を経て、今は皮膚排泄ケアの認定看護師として活動しています。

60歳を超えるまで、ずっと看護師一筋で働き続けてきた経験を活かし、悩める看護師さんたちの励みになる記事を書いていきたいです。

  • 保有資格・・・正看護師・ケアマネージャー
  • 出身・・・石川県
  • 年齢・・・62歳
  • 職務経験・・・大学病院・総合病院・訪問介護施設
  • 診療科経験・・・外科・呼吸器・循環器・消化器・血液内科・老年科

ページのトップへ戻る