看護師の再就職と年齢の関連について。

昨今では看護師不足の現状もあり、専門職である看護師はさまざまな医療現場で求められています。

求人先を探そうとすると、「年齢」がネックとなる例も少なくありません。

30代後半~40代の新人看護師が転職しようとした際、年齢は少なからず影響してきます。

看護師の求人と年齢との関係には二つの側面があります。

一つは看護師不足が深刻な求人先の、年齢は問わないから人手が欲しいという事情です。

そんな求人先では、極端にいえば看護師の資格があれば誰でも良いのです。

30代後半~40代の看護師であっても就職や転職に問題はないということになります。

人手不足の病院・医院ですから、ハードな業務を任せられたり、先輩看護師からの充分な指導が得られないという可能性もあります。

一方で、年齢や社会人経験を活かして働いてもらいたいという求人先もあります。

年齢や社会人経験を活かしてということですから、年齢は問題ではないのです。

社会人経験があり比較的年齢が高い新人看護師の場合、職場での人間関係患者との接し方について高い人間性が求められる場合もあります。

納得して働くために、就職前の情報が必要になってきますね。

看護師求人と年齢の関係としては、若い世代の看護師を求めている求人先があるということです。

若い看護師を求める理由で多いのが、柔軟性があるという事が挙げられます。

先輩看護師から見て、若い看護師の方が指導しやすいという事ですね。

若い看護師の方が、職場に馴染みやすく、師長や先輩看護師から見て使いやすいということが言えます。

そんな点で、若い看護師を雇用したいと考える職場も少なくないのです。

看護師の再就職と年齢の関連、対応について。

看護師で再就職を希望している場合、気になってくるのが「年齢」の問題です。

ある程度年齢がいっていると再就職は難しいという意見もあります。

年齢のせいで条件のいい職場は見つからないのではないかと心配する看護師も少なくないのです。

現在、全国的な看護師不足であり、医療機関や施設でも人手が足りないと頃が殆どです。

しかし人手不足の原因は、仕事がハードだったり給料が低めであったりと条件の良くない職場である場合もあるのです。

年齢がいった看護師にまったく再就職のチャンスがないかというと、実は必ずしもそうとはいえません。

再就職時に、ある程度の年齢でも歓迎されるのが、病棟勤務経験のある看護師です。

特に老健や老人ホームなど高齢者関連の施設では、病棟勤務経験のある看護師を求めています。

転職先を選ばなければ常勤での再就職も充分に可能です。20~30代の若い看護師は出産や育児などで休業したり、日勤のみの勤務スケジュールを希望するケースが多いのです。

夜勤や深夜勤務が可能であったり、夜勤専従でも構わないということであれば求人先の選択肢も増えてきます。

最近では夜勤専従の常勤正規職員の求人も出ています。年齢に関わらず病棟経験があれば応募してみると良いでしょう。

看護師の再就職に年齢は影響ある?

ハローワークなどの公共の職業紹介機関では「雇用対策法」の定めにより年齢制限をすることができません。

本当は若い世代の看護師を雇いたくても、年齢不問として求人が行なわれていることがあります。

このような求人先では、年齢不問であるにもかかわらず、30代後半~40代の看護師が雇用される例は非常に少ないでしょう。

そんな看護師に適しているのは、民間の看護師専門の転職支援サイトです。

転職サイトへの登録は無料でできますし、自分にあった求人先を紹介してもらえます。

多少年齢が高くてブランクがある看護師でも、再就職を希望しているのであれば全面的ににサポートとしてもらう事が出来ます。

「再就職支援制度」や「復職支援制度」を設けている求人先もあります。

最新の医療情報や看護業務の知識を得たいと考えている看護師は、再就職や復職のための支援制度を利用して勉強する事が出来ます。

年齢がいっている看護師の再就職は難しい一面があることは事実です。

しかし、やる気があるのであれば挑戦してみると良いです。

看護師としての経験や技術があり再就職を目指しているなら転職サイトを利用してみましょう。きっと良い結果が得られますよ。

転職サイトランキングを見る