看護師の再就職時の志望動機。

看護師の転職時の面接で必ず聞かれるのが志望動機についてです。

就職先としては最も興味のある事なのです。看護師の転職の理由として最も多いのが、労働の過酷さと人間関係のストレスです。

しかしあまりにも正直に話してしまう事で、失敗する例も在ります。

前職のグチをこぼすといったような事は、決して良い結果を生まないのです。

前向きな気持ちがあるために退職したというような表現方法を用いると良いですね。

面接官に好感を持ってもらえるような答え方とはどういった事なのでしょうか?面接官に好感を持ってもらえる志望動機とはどんな事でしょうか?

面接というだけで誰もが緊張してしますね。

面接官に対して「良い印象を与えたい」「採用されるような返答をしたい」と考えている看護師は殆どですし、当然の事です。

「当病院に就職しようとした志望動機は?」という質問に対する返答の仕方については、むずかしいと感じるかもしれません。

面接の志望動機の答え方としては、「素晴らしい病院だから」や「看護のスキルアップができる」などがあります。

しかし一般的な回答は、具体性に欠けていてアピール力が低いという傾向があります。

看護師の再就職、志望動機の答え方の例。

看護師の面接で志望動機を述べる際の事例をご紹介します。スキルアップをアピールする場合の例です。

「私はこれまで○○病院に3年間勤務し○○科の看護業務を経験してきました。今後、さらに資格取得を目指し、専門的なスキルを身に付けられる環境で働きたいと思い貴院への転職を志望しております」

「私は○○看護を専門にして10年間、○○病院や○○クリニックなどに勤務して まいりました。なかでも○○看護のスキルアップを念頭に貴院での勤務を志望しました」

というものがあります。具体的で分かりやすく説得力のある返答の仕方ですね。

転職先の素晴らしさをアピールする場合の例です。

看護師として5年間、○○医療の看護業務に携わってきました。貴院では特にその分野で優れた医療を実施していることを知り、ぜひ勤務させていただきたいと志望しました」

「貴院の経営方針である『博愛と奉仕の精神』と『最先端の医療で全ての人に 健康を』のポリシーに共感しました。また当地域で生活する者の一人として、近隣の皆さんに信頼されている病院であるという点も貴院で勤務したいと志望する動機のひとつです」

というものがあります。とても説得力があり面接官の好感度を上げる返答の仕方ですね。

看護師の再就職、志望動機の答え方を学ぶには?

面接官の好感度を上げる志望動機の答え方には、他にもいろいろあります。

志望する求人先の専門性や症例、雰囲気の良さを挙げる場合もあります。

志望する求人先に優れた医師がいることなどに焦点を当てる場合もあります。

自分自身の看護師としての実績や体験、今後の目標などを絡めて率直に志望動機を述べてみると良いでしょう。

看護師転職サイトを利用すると、面接時の対応についての指導をしてくれます。

その就職先に適した志望動機の答え方についても細かく教えてくれます。

看護師の転職は、その求人数の多さから、比較的簡単に成功を手にする事ができるといったイメージがあります。

本当に満足のできる職場に転職できたかどうかといった点では、必ずしもそうとは言えない事も多いようです。

仕事のハードさが理由で転職してみたものの、給料が減ったなど別の問題が浮上してくる事も珍しくありません。

人間関係のストレスで転職してみたが、転職した先でもやはり同じように人間関係のストレスがあり、転職した意味がなかったということもあります。

転職先の情報収集をしっかり行わなければ、転職する事で必ず解決できるとは限らない問題もあるのです。

転職支援サイトでは、徹底した調査の上で転職を提案してくれます。

今より高待遇な職場が見つかる事も多いのです。もちろん志望動機の表現方法も、上手に指導してくれますので不安など解消されてしまうでしょう。

転職サイトランキングを見る