看護師が再就職の悩みを抱える場合、多いのは?

再就職する時には、どんな職場を選ぶべきか悩みますね。看護師として働く事が出来る職場の範囲は広いです。

どんな職場が自分に向いているのかを分からずに悩み考える事は、殆どの看護師の経験していることでしょう。

就職後に自分がやりたいと考えていることなどをまとめてみると、就職先を絞ることもできるでしょう。

介護病棟なのか医療病棟なのかによって、看護師の仕事が異なります。

介護病棟の方がより肉体労働と言えます。医療病棟では医療の補助の仕事が主ですね。

救急病棟か慢性病棟かによっても仕事の内容が異なります。救急外来では生死を分ける仕事に直面するのです。

神経も使いますし、緊張感を絶えず持っていなければなりませんね。

医療施設か福祉施設かによっては看護師の仕事はとても異なります。ブランクのある看護師が働く時に向いているのは福祉施設の方でしょう。

看護の現場からしばらく遠ざかっている看護師には、看護というより介護の現場が向いているかもしれません。

個人差もありますから、自分がやりたいと思っている事を考えてみて決めると良いです。

常勤か非常勤かによっても看護師の仕事は異なります。非常勤の勤務には、パートやアルバイトや派遣の仕事などがあります。

派遣の仕事では、働く事が出来る日時を看護師サイドから指定できるのですから、常勤よりもずっと仕事がしやすいですね。

これらの事を考えていくと徐々に再就職先の職場が絞られてきますせんか?

看護師の再就職での悩み事は、ブランクがあること?

働く事を長く休んでいる看護師にとっては、現職の看護師よりも悩む事が多くあります。

どんな職場で働くべきか?

家庭と仕事の両立をしていくためにできる事は何か?

これから働く医療の現場で、以前働いていたようにバリバリ働く事が出来るか?

職場のスタッフ間の人間関係を良好に保つ事が出来るか?

看護技術の進歩についていく事が出来るか?

新しい医療機器の操作をちゃんとできるか?

夜勤の無い職場で、給料もそれほど安価ではない職場はあるのか?

年齢はいっているが、仕事は分からない事ばかりだろう、職場のスタッフといまくやっていく事が出来るだろうか?

ブランクが長い分だけ悩みも現職の看護師よりも多くなっているようです。

少しづつ悩みを解決できるように、看護師再就職セミナーや研修などに参加すると良いですね。

セミナーに参加すると、知識を増やすと同時に、再就職した看護師の経験談を聞く事が出来ます。

再就職した看護師から、自分が心配している事柄についての情報の収集もできるでしょう。

常勤が難しい状況であれば、非常勤の勤務者を募集している職場を探すこともできます。

看護師の仕事は、自分の条件にあった職場を選べることができるのでうれしいですね。他の職種よりも恵まれている点です。

看護師が再就職で悩みとすることは、現職でも同じ?

現職の看護師が悩む事は、新しい職場の勤務条件についてでしょう。

勤務条件によっては、激務のせいで身体を壊すのではないかと心配になることもあります。

再就職する職場を選ぶ時には、忙しすぎない職場を選択すると良いです。

そんな職場であれば、ゆっくり患者さんとコミュニケーションをとりながら看護の仕事が出来ますね。

職場の人間関係を良好に保つ事が出来るかについても気になる事です。

人間関係がギスギスした職場では、ストレスがたまり神経が疲れてしまいます。

ストレスがたまった状態では、患者さんの看護が十分にできなくなってしまいます。

それらの事を避けるために、再就職先の職場環境や勤務条件などを前もって確認してから、就職することを決めなければいけませんね。

新しい職場に自分が受け入れられるかという点についても不安になります。

就職先のナースセンターの雰囲気や看護師長の性格などを知っておくと、ゆとりを持って安心して就職することができます。再就職先の細かな情報収集は大切です。

転職サイトランキングを見る