看護師の再就職の支援とは、どんな内容?

看護師が再就職を希望する時に必要な支援には、再就職のためのセミナーとか研修などがあります。

再就職時の支援の内容は市町村によっても、県の看護協会によっても少しずつ異なります。

最近では、潜在看護師支援サービスとしてインターネットによる「eラーニング学習」と「病院での臨床実習」を組み合わせたサービスを実施しているところもあります。

参加者は職場復帰に必要な基礎技術を動画で効率的に学習できます。

学習後には、就職希望者はインターネットで研修を企画した主催者側の医療機関などに就職の申込みを行なうことができます。

医療機関での実習は、施設独自のプログラムを活用した看護技術の基礎演習ができます。

実践できることで、受講者は以前看護師として働いていたころの感覚を呼びさまし看護師としての自信がもてたり、自覚を持つ事が出来たりします。

また受講生同士の意見交流がありますから、似たような悩みを持つ者同士で就職に関する不安を軽減することもできるのです。

再就職した先輩の体験談を聞くこともできるので、再就職への不安の軽減や解消にも役立ちます。

最近では院内感染が社会問題にもなっています。看護師としてだけではなく、社会人としての関心事についても学習する事ができます。

感染管理や医療機器、採血や注射、心肺蘇生法や電子カルテなどの研修もあります。

就職先の医療機関としては、勤務形態についてのサポートを積極的に行っているところが増えています。

看護師が再就職時の支援を受けるにはどうしますか?

支援を受けるには、都道府県の看護協会や医療機関、市町村など自治体に問い合わせすると教えてくれます。

各都道府県の看護協会でも積極的に復職看護師の支援をしています。

大学病院などの医療機関でも看護師不足解消のために復職セミナーを開催しています。

市役所などでも講習会などをしていますから、希望の地域をインターネットで調べてみると良いですね。

県の看護協会のホームページではとても詳しく研修内容や復職看護師の体験談などを見る事が出来ます。ホームページからの研修申し込みもできます。

県が行っている看護師不足解消のための支援活動が全て載っているので、自分が働く事が出来る職場の参考にもできます。

復職支援セミナーを受けることにより、復職したいという意欲が増してきたという潜在看護師さんは増えています。

復職支援プログラムが整っている医療機関を選んで就職することも、再就職先を選択する時の一つの基準ですね。

看護師の再就職支援を受けることを希望する人は?

支援を希望する人は、看護師の仕事をしたいと考えているけれども、不安があるために実行できないでいる潜在看護師などです。

子育てや家庭の事情で看護師として働いていない有資格者は現在全国で55万人もいます。

そのうちの約8割の人が、復職を希望しながら復職をできないでいるのです。

休職している間の医療の進歩について、不安や疑問があるのです。

医療は進歩しています。それに伴い医療機器や看護も進歩しているのです。在宅にいる看護師が不安に思い、一歩踏み出せないでいることも当然です。

最近ではプリセプター制度を導入していて、先輩が新人について指導してくれる医療機関が多いです。

仕事に慣れるまでは指導してくれるので、一人で業務をこなさなければならないということはなく安心です。

仕事と家庭との両立についても心配ですね。しかし両立できるような職場を選ぶことで、その悩みは解消できます。

子育て中であれば、就職先に託児所や保育園があるかも気になりますね。子育て看護師を支援している医療機関もあるのです。

託児所が完備されている職場を選べば、問題なく看護師として働くことが出来ます。

そんな看護師の再就職を支援するために、セミナーや研修講習などが全国各県で行われています。是非参加して、不安を解消して再就職しましょう。

転職サイトランキングを見る