看護師の再就職、新人が決意をする時は?

看護師として始めて就職しても、その職場が自分に合っていなければ再就職を考えるかもしれませんね。

実際に人間関係がうまくいかないで退職してしまう看護師はいます。

卒業したての新人の看護師は、仕事面では初めての事ばかり、知らない事教えてもらわなければできない事ばかりなのです。

仕事を覚える事がやっとで、とても人間関係まで目が行き届かないのです。

そんな新人看護師たちを待っているのが先輩やスタッフたちの目です。

好意的な看護師ばかりではありません。

人間関係が悪化して、とても仕事に集中できなくなり、それがもとで失敗するということもあるのです。そんな事が続くと仕事に出かけることも嫌になります。

無理に出勤していて、精神的に病気になる事さえあります。

希望に満ちた新人看護師は、心身ともに疲れ切ってしまうのです。そんな看護師は少なくないのです。

新人看護師が再就職を決めたとしても仕方がないことかもしれませんね。

無理をして身体を壊すよりも職場を変える方が賢いやり方です。

疲れきってしまった時には仕事を休んで休養する事、リフレッシュすることも必要かもしれませんよ。

十分休養出来たら、新人看護師として再就職しましょう。まだまだ知らない希望ある未来が待っていますよ。

新人の頃は不安で失敗も多く悩みも多いです。

しかし年数を経て振り返ると、とても良い時代になっていますよ。生き生きと十分頑張れる良い時です。

新人の看護師が再就職するのに適している職場は?

適している職場は、大きな病院勤務です。

大学病院とか国立病院や日赤病院などですね。

やはり外来業務よりも病棟勤務がいいです。病棟では看護の基本を学ぶ事が出来るからです。

看護計画の勉強もできます。患者さんや他のスタッフとのコミュニケーションについても学ぶ事が出来ます。

大学病院は看護師の他にも他の職種のスタッフがたくさん働いています。コミュニケーション能力を高めるためにはとても良い環境です。

看護技術一般についても経験できます。病棟によって異なりますが、術前処置の仕方や術後の観察や処置、検査の仕方や介助の仕方についても学ぶ事ができます

看護師としての人生に、それらおおきな経験になり宝になっていきます。

ある程度経験を積むと、自信を持って外来でも小さな病院でもどこでも勤務できます。

特に大学病院では勉強する機会が多くあります。積極的に参加して、知識をドンドン吸収し身につけていく事ができます。

寮生活では、多くの看護師と接する機会もあり人間を磨く事が出来ます。

看護師が再就職をして新人になる。

看護師の経験のある看護師が、再就職して新人看護師として働く事も、よくあります。

看護師の経験もあり年齢も若くはないのですが、周囲からは新人扱いされます。

新しい職場に慣れるまでは新人扱いされても仕方がありませんね。仕事を覚え、スタッフにも次第に慣れていきます。

一年もたてば、殆どの新人といわれる看護師はすっかりベテランになっているのです。

人見知りをするタイプだと自分で言っている新人の看護師もいますが、不思議とそんな様子が無くなっています。

職場やスタッフにも慣れて、ずっと以前から其の職場で働いているような感覚になっています。

人間としての魅力や年齢、経験がそうさせるのでしょうね。だから看護師として再就職して新人看護師になっても心配いりません。

一生懸命に働いていたら、スタッフは見ていて分かるのです。

もちろん看護師として失敗は許されることではありませんが、きっと温かく見守ってくれることでしょう。

慣れない仕事に失敗した時には、素直に謝ればよいのです。自分が考える程、他人は自分の事を気にかけてくれているわけではないのです。

スタッフも皆、責任を持って自分の仕事を全うすることに精一杯なのです。

貴方の失敗をいつまでも覚えていて、うわさにするほど暇ではないのです。きっと看護師として再就職しても大丈夫です。

転職サイトランキングを見る