看護師が再就職の準備を始める時はどんな時?

すでに看護師として働いていながら、再就職の準備をする時は、職場に対する不満が高まっている時か自分を取り巻く環境が大きく変化した時です。

職場に対する不満が原因で再就職を決意する時は結構あります。

仕事が重労働の為に身体が持たない時、健康を損ねてしまう心配がある時かすでに不健康になっている時です。

具体的には夜勤の回数が多かったり、夜勤の業務内容が多いために勤務時間が終わってもまだ仕事が終わらなかったりする時などです。

看護師不足の為に日勤の看護師数が足りなくて、いつも忙しい医療機関に働いている看護師は少なくありません。

体調がよくなくて欠勤したくても、職場の状況を考えるととても無理だと考えてしまうのです。

少々の病気や体調不良は我慢して、結局自分を犠牲にしてしまうのです。

そのような環境の職場に勤務している時には、もちろん再就職について考えます

家庭環境に変化があった時や結婚した時出産した時、引越しをした時など看護師によってその理由は様々ですが、そんな時にも再就職を考えます。

自分の生活環境にあった職場で就職したいと考えるのは当然ですね。

看護師たちは、そっとあるいは堂々と退職と再就職に向けての準備を始めます。

看護師が再就職の準備を始める時…ブランクのある場合は?

潜在看護師として家庭にいる看護師も環境の変化によって再就職の準備を始めます。

夫の仕事の関係や、子供の年齢によって、家族との関わり方の変化で職場復帰が出来るようになってくるのです。

子供に手がかからなくなり、自分の時間が出来て何をしようかしらと考える時には、再就職する時期に来ているのです。

夫や子供たちが不在の時間帯だけでも、仕事をする事が出来ます。

家庭に長くいてブランクが大きい看護師もいますが、退職して間もない看護師もいます。

しかしそれなりに準備にかかります。職場選びの準備や、看護技術や知識の勉強もしておきたいですね。

家族の協力は絶対に必要なので、仕事をすることに賛成してもらえるように徐々に説明や説得を行っていきます。

夫や子供の理解や協力を得る事ができると、やっと職場探しにかかることができます。

看護師の再就職の準備、ブランクがある場合に必要な事は?

再就職先の職場を探す前に再就職セミナーに参加すると良いです。

医療の現場を離れてい間にも、医療は日々進歩しています。

研修セミナーを受講すると、あたらしい医療機器の事や看護知識の事、看護技術の事などを学ぶ事が出来ます。

研修セミナーがどこで開催されるかを調べなければなりませんね。

市役所や役場に問い合わせると情報を得る事が出来ます。

大学病院などの医療機関でも再就職支援のセミナーなどを開催しているので問い合わせてみましょう。

看護協会でも再就職支援のセミナーを開催しています。

ホームページなどで調べてみると良いですね。セミナーの内容は、開催している場所や日によって異なりますが、自分が希望している内容のセミナーに参加しましょう。

セミナーを開催している医療機関でも看護師を募集していますから、興味があれば問い合わせてみましょう。

再就職のための職場探しは大事です。自分にあった条件で職場探しをしましょう。

看護師の再就職、準備に必要な事…現職の場合は?

3か月程前に退職したい事を上司に伝えておきます。退職する事を快く承諾してもらえるように、説明する理由も考えておきます。

退職願を3か月前くらいに提出しておくと良いですね。遅くても2か月前には提出しておきます。

職場では後任の人事を考えなければなりません。トラブルなく円満に退社するためにも退職願は早めが良いですね。

社会人としての最低限のマナーです。

そのころから休日などに就職活動をしましょう。

まず退職することになった原因はなにかという事を十分に考えます。

原因となった理由のない職場を、次の再就職先に選ばなければならないからです。

再び退職する事がないように、最善の注意をして再就職先は決めたいものです。

転職サイトランキングを見る