看護師が再就職の研修を受けるというのは、どういうことですか?

看護師不足が続いている現代社会ですが、看護師不足はなかなか解消されません。

潜在看護師は増える一方です。

看護師の業務が厳しい事、働く環境が快適ではないことなどが原因しています。

退職して暫く家庭にいても、経済状況などの家庭環境の為に再就職する潜在看護師は少なくありません。

ブランクのあるせいで職場になじめずの再び退職してしまう看護師もいます。

そんな看護師をなくして、ちゃんと職場復帰ができるように自治体などで看護師の再就職支援をしています。

退職していた看護師が再就職を決意する時に、やはりいろいろな不安を持ちます。

暫く現場を離れていたのですから無理もない事です。病棟での看護業務を、以前勤めていた当時と同じようにこなす事が出来るか心配になるのは当然です。

そんな看護師の為に、少しでも安心して再就職できるようにと開催されるのが再就職研修です。

潜在看護師が疑問や不安に思っている事を、少しでも解消できて仕事に復帰できると良いですね。

研修は、そのために自治体や医療機関が行っている援助の一つです。

研修内容は新しい医療機器の事、看護技術の事、医療や看護の知識の事など様々にあります。

自分が関心のあることや疑問に思っていることなど、必要とする研修を選んで受ける事が出来ます。

研修の費用は殆ど無料で行われます。子供を持っていて受講が困難な場合には、子供を預かってくれるところもあります。

自分に必要だと思われる研修を受け、必要だと思われる知識を補って再就職する事が出来ます。

仕事に対する不安も軽減され、再就職先に選ばれる職場の範囲も広まるでしょう。

看護師が再就職時に研修を受けるにはどうしますか?

研修を受ける事を希望する看護師は、市役所や役場などの福祉課で問い合わせると教えてくれます。

医療機関でも看護師不足解消のために、再就職を希望している看護師の為に研修を開催しているところがあります。

又、地元近辺の大学病院や公立病院など、大きな病院で問い合わせてみても良いですね。

研修は年齢制限なく看護師であれば誰でもほとんど無料で受講できます。

受講したからその病院に就職しなければならないということはないのです。考えて悩んでいる前に実行し、とりあえず受けてみると良いです。

看護師再就職研修の受講を希望する看護師とは?

看護師の仕事を退職しても、家庭や自分を取り巻く環境の変化で再び看護師として働く事が出来る時が来ます。

子供が大きくなって手がかからなくなった人もいるでしょう。

病気の家族が治癒したために在宅看護の必要がなくなった人もいるでしょう。

肉体労働のせいで体を壊して療養していた看護師も、休養のせいで再び職場復帰できるようになったかもしれません。

看護師の家庭環境などの理由によって、退職してから再就職するまでの期間の差は異なります。

ブランクが大きければ大きいほど、看護師として再就職することに不安を感じます。ブランクが小さくても、やはり職場復帰には少なからず不安が付いてきます。

生活の環境が変わるのですから、中高年になればなるほど新しい行動を起こしずらくなるでしょう。

新しい職場で全く知らない人たちとの新たな人間関係を築いていかなければならないのです。

病院勤務を希望する場合には、入院患者さん全ての名前や疾患名などを覚えなければなりません。

患者さん一人一人の看護計画を把握しなければなりません。個別のケアプランに沿って看護が行われるのですから、知らなければ看護ができないのです。

医療機器も自分の知らないものが導入されているでしょう。電子カルテなども導入されているでしょう。

看護師の仕事の流れも以前と比較して、だいぶ異なっているかもしれません。

正直言って不安な事ばかりなのです。そんな不安を抱えている看護師は少なくありません。心配ごとを少しでも軽くするために、研修に参加すると良いですね。

転職サイトランキングを見る