「看護師は在職中に転職活動をした方が良いかしら?それとも、退職後に転職活動をすべきかしら?」

あなたは転職をしたいけれど、転職活動は在職中にしたほうが良いのかを迷っているのですね。

看護師は在職中に転職活動をしたほうが、いろいろとメリットがありますよ。

看護師が在職中に転職活動をするデメリットとメリットをまとめましたので、これを見れば在職中に転職活動しようかどうか、決めることができると思いますよ。

看護師は在職中に転職活動をする2つのデメリット

看護師が在職中に転職活動をするデメリットを2つ説明しましょうね。

忙しい中で転職活動をしなければいけない

看護師が在職中に転職活動をする場合、今の仕事と並行して転職活動を行わなければいけませんね。

だから、転職活動に費やせる時間は少なくなるのですよ。

また、採用試験で面接を受ける時にも日程調整が大変だったりしますね。

転職支援サイトを使えば解決ですよ

忙しい中で転職活動を行うと、

「大変そうね」

「在職中に転職活動をするのは難しそうだわ」

と思うかもしれません。

確かに、あなた1人の力で在職中に転職活動を行うのは大変だと思いますよ。

でも、転職支援サイトを使えば万事解決です。

転職支援サイトを使えば、転職コンサルタントがあなたの希望を聞いて、それに合った求人をピックアップしてくれるので、自分で求人を探す必要がないのですよ。

また、気になる点もあなたに代わって転職コンサルタントが詳しく調べてくれます。

面接もあなたの希望スケジュールを聞いて、あなたの都合優先で調整してくれるのです。

だから、在職中でも転職支援サイトを使えば、簡単に転職活動を行うことができるのですよ。

職場で肩身が狭くなることも…

看護師が在職中に転職活動を行う時のデメリットは、職場で肩身が狭くなる可能性があることですね。

みんな必死に働いている中で、あなたが転職活動をしていることを知ったら、みんなは快く思わないこともあるでしょう。

「1人だけ辞めてほかの職場に行くなんてズルい!」

と思われて、仲間外れにされることもあるかもしれません。

ギリギリまで黙っていればOK

転職活動をしながら働いている看護師のことを、同僚が快く思わないのは仕方がないことです。

それなら、同僚には転職活動をしていることを黙っていれば良いのです。

別に

「私、転職活動をしています」

と宣言する必要はないのですから。

転職先が決まって、退職する日も決まった。

その時点で打ち明ければ良いです。

そもそも、自分から

「私、転職します」

と打ち明ける必要もないですね。

お世話になった先輩や仲が良い同僚には自分から打ち明けるべきですが、そこまで仲が良いわけではない同僚には、最後に

「お世話になりました」

ときちんと挨拶し、仕事上必要なことをきちんと引き継げば、自分からはわざわざ宣言する必要はないと思います。

こうすれば、職場で肩身が狭い思いをすることはほとんどなく、最後まで気持ちよく働くことができますよ。

看護師が在職中に転職活動をするメリット

看護師が在職中に転職活動をするメリットを見ていきましょうね。

経済的な不安がない

看護師が在職中に転職活動をすれば、

無職期間がない

ということになるので、経済的な不安はなくなります。

貯金がほとんどない看護師さんは、退職した翌日から働けば、給料がもらえない期間はないですので、

「お金がない!どうしよう?家賃も払えない…」

という心配はしなくて良いのです。

ブランクがないので、すぐに職場に慣れる

看護師が在職中に転職活動をすると、ブランク期間はありませんね。

ブランク期間が長いと、看護技術・看護知識に不安が出てくるものです。

でも、ブランク期間がなければ、今までと同じ感覚で転職先で働くことができるので、すぐに仕事に慣れることができるのですよ。

師長から引き止められない

在職中に転職活動を行うメリットには、退職を師長から引き止められにくいこともあります。

看護師が退職する時には、師長から強く引き止められることが多いですね。

そして、退職できずに、ズルズルと今の職場で働き続けなければいけない事態に陥るのです。

でも、在職中に転職活動をして、転職先を決めてしまえば、

もう次の転職先が決まっているんです

という伝家の宝刀を使うことができます。

この伝家の宝刀を出されたら、師長も引き下がるほかありません。

だから、在職中に転職活動をしておけば、スムーズに退職することができるのです。

だらけずに済む

在職中に転職活動を行い、次の職場を決めておけば、だらけずに済むというメリットもありますよ。

次の職場が決まらないまま退職すると、

「転職活動はそのうち始めれば良いわよね」

「今は疲れたから休みたいわ」

と思って、そのままダラダラと無職期間が続いていく可能性があります。

次の職場が決まらないまま、無職期間が長くなると、人間は「ぬるま湯生活」からなかなか抜け出すことができないのですよ。

気がつけば貯金を使い果たしてしまった。

でも、今のダラダラ生活を抜け出して、バリバリ看護師生活は戻れない。

こうなると、貧乏なニート生活まっしぐらですよ。

在職中に転職活動を行っておけば、こういった事態に陥らずに済むのです。

将来への不安がない

在職中に転職活動を行い、次の職場を決めておけば、精神衛生面でも良いのですよ。

看護師は転職先に困ることはないと言われています。

実際にそうなのですが、転職先が決まらない状態で退職し、無職になると、

「本当に転職できるかしら?」

と不安になってしまうものです。

不安なまま転職活動をすると、

「採用してくれるならどこでも良いわ!」

と思って、妥協して転職先を決めてしまう可能性があるのですよ。

でも、在職中に転職活動を行えば、

「どうしても転職先が決まらないなら、今の職場で看護師を続ければ良いわ」

という安心感があるので、じっくり腰を据えて転職活動をすることができるのです。

看護師は在職中に転職活動をしたほうが良いですよ

看護師が在職中に転職活動をするデメリットとメリットを見てきましたが、いかがでしたか?

デメリットはちょっとした工夫で解決できます。

そして、メリットはたくさんあります。

これはあくまでも私の意見ですが、看護師は在職中に転職活動をした方が良いと思いますよ。

あなたの意見はどうでしょうか?

退職後は少し休みたいわ

と思っている看護師さんもいると思います。

1ヶ月くらい休んでゆっくりしてから、また働きたい。

だから、退職後に転職活動をした方が良いのではないかしら?という考えですね。

この考えもわかります。

ずっと働きっぱなしだと、やっぱり疲れますから、退職後には少しのんびりしたり、旅行に行ったりしたいですね。

それなら、在職中に転職活動して、退職後はゆっくりすれば良いのですよ。

例えば、転職先への入職日を退職日の1ヶ月後に設定すれば良いのです。

転職支援サイトを使えば、転職コンサルタントが入職日の調整もしてくれますから、安心ですよ。

看護師は転職支援サイトを使って、在職中に転職活動をしましょうね。

看護師転職サイトに相談しましょう

マイナビ看護師

マイナビ看護師さんは口コミでの人気が高い看護師転職サイトですね。非公開求人が多く高収入の求人に強いので、イチオシですよ。



※非常勤(パート・アルバイト・派遣)をご希望の方は、 こちらへどうぞ。

この記事を書いた人

現役看護師「キヨミ」

北陸地方の大学病院で外科病棟に2年勤務し、その後総合病院にて、呼吸器・循環器・消化器・血液内科と内科系を中心に勤務をしてきました。

学生指導や教育担当を経て、今は皮膚排泄ケアの認定看護師として活動しています。

60歳を超えるまで、ずっと看護師一筋で働き続けてきた経験を活かし、悩める看護師さんたちの励みになる記事を書いていきたいです。

  • 保有資格・・・正看護師・ケアマネージャー
  • 出身・・・石川県
  • 年齢・・・62歳
  • 職務経験・・・大学病院・総合病院・訪問介護施設
  • 診療科経験・・・外科・呼吸器・循環器・消化器・血液内科・老年科

ページのトップへ戻る