看護師の夜勤と不妊の関連性はありますか?

看護師の仕事は、一般的に夜勤がある不規則な勤務であることが多いです。

また、その業務内容もハードである場合が少なくありません。

精神的にも肉体的にも疲労が蓄積され、ホルモンバランスが乱れたり過度のストレスが貯まることが多いのです。 そのような職種の看護師が、妊娠しづらく不妊症になる可能性は否定できません。

看護師の多くは、生理不順を経験しているのです。同じように夜勤などの勤務をしていても妊娠し出産する人はいますが、不妊の看護師がいることも事実です。

看護師は仕事柄、過度のストレスを受けたり、夜勤に関連し睡眠不足になることも多いのです。

夜勤に出勤する前に睡眠をとっておきたいと考えても、夜間と異なり昼間に睡眠をとることは難しいのです。

また夜勤明けに疲労回復の為に睡眠をとりたいと考えて、ベッドに横になってもなかなか眠ることはできません

夜勤勤務を行う女性は、日勤と比べて33%も生理不順になりやすく、80%も妊娠しにくいということが分かっています。

不妊症にならないためにも、夜勤や日々の仕事のきつくない職場を選択したいものですね。

看護師が夜勤で不妊になる理由は?

看護師が夜勤をすることにより不妊の原因となるストレスがたまるということもありますが、それ以外にも子宮環境を悪くする要因が多いです。

冷え性や不摂生な食生活もその一つです。

自覚のある人は、そのことを改善する努力をするだけでも、効果が表れるかもしれません。

冷え性になると血液の循環が悪くなり、子宮や卵巣にまで栄養や酸素が運ばれにくくなり、その臓器の環境を悪くさせます。

日頃から体を冷やさないよう気をつけることは大切です。冷え性を改善することで生理痛が緩和されるということもあります。

脂肪を多く摂るような食生活や過度のダイエットによる栄養不足は、子宮内膜症や卵巣機能不全、黄体機能不全などのリスクを高めます。

子宮は筋肉の塊なので、脂肪の摂り過ぎにより子宮内膜症のリスクを増すといった研究報告もあります。

バランスの良い食事をすることで、それらのリスクを下げる、または無くすこともできるでしょう。

また、血液循環を良くすることで、骨盤回りの血液やリンパ液の流れをスムーズにすることができます。

腸腰筋の周りには足から流れる静脈や子宮からのリンパ管も豊富にありますから、血液循環を良くするためには腸腰筋のストレッチも効果的です。

看護師が夜勤による不妊を回避することはできますか?

睡眠不足ストレスは自律神経の乱れにつながり、卵巣にも影響を及ぼします。

卵巣は妊娠や出産に大きく関わる女性ホルモンを分泌する臓器です。

不妊を回避するためには、睡眠をとることやストレス解消することが大切です。

夜勤をする看護師のストレスを解消する為には、しっかり太陽を浴びて体内時計をリセットすることが必要です。

「休養が大切だから、休みにはねてばかりいる」という看護師は少なくないでしょう。

自宅と職場の往復ばかりの生活をしていて、かえってストレスが溜まってしまったという看護師もいるでしょう。

完全休養よりもあえて身体を積極的に動かし、疲労回復の働きかけをして休養を取るというストレス解消法があります。

たとえばウオーキングやジョギングなど、自分が気持ちよいと感じる15分程度の運動を行うことで、かえって早く疲労を解消することができる場合もあります。

妊娠を希望する看護師に勧める運動としては、「ホットヨガ」「岩盤浴」「よもぎ蒸し」「アクアビクス、スイミング」などがあります。

アクアビクスやスイミングは冷え性にも効果があります。

水にはマイナスイオンがあって癒し効果が期待でき、さらに水圧で足の静脈還流が促されます。

温水プールでのエクササイズは末梢血管を拡張するので冷え性にも効果があります。 腰痛持ちの看護師にとっては、泳ぐことで腰痛が軽減したり治癒する場合もあります。

看護師転職サイトで、不妊になるような過酷な業務内容ではない職場を探してもらうこともできますね。

転職サイトランキングを見る