看護師の夜勤の人数は何人ですか?

看護師の夜勤の人数は何人が普通なのでしょうか?

一人夜勤の病院もありますが、二人夜勤のところもあります。夜勤の看護師の数は、職場によって異なります。

看護師だけでなく看護補助職員やヘルパー、介護福祉士も看護師と共に一緒に夜勤をします。

看護師一人と他のスタッフ2人、合わせて三人で夜勤をする職場もありますが、看護師二人に、他のスタッフ一人の合わせて三人で夜勤をする職場もあります。

同じ職場でも、病棟によって夜勤の看護師の数が異なることがあります。

診療科やその業務の内容によって、看護師の人数を多く必要とする職場と介護福祉士の人数を多く必要とする病棟に分かれます。

私の勤務する病院でも病棟によって夜勤の看護師の数が異なります。医療病棟では看護師が二人夜勤をして、介護病棟では看護師が一人夜勤をしています。

病院によって異なりますから、就職するときには何人で夜勤の業務をするかということも確認しておくと良いですね。

夜勤の看護師の仕事の一つには、判断や決断するということも含まれます。

夜勤で起こるあらゆることに対して、一人の看護師が判断し全責任をとることは結構しんどいことです。

夜勤を二人の看護師で行う場合には、迷った時に他の看護師と相談し協力して仕事をすることができます。

看護師の夜勤の人数は足りていますか?

看護師の夜勤の人数は、一人夜勤でも仕事の内容が容易な施設などでは足りていると言えるでしょう。

しかし、医療病棟に勤務している看護師の中には「一人夜勤では看護師の人数が足りない」と感じた経験のある人は少なくないでしょう。

特に患者さんが急変した時などは、実際に看護師の仕事が多すぎるのです。

患者さんのバイタルを測り、急変したことを医師に連絡をしなければなりません。

同時に患者さんの急変について、家族へも連絡します

患者さんが亡くなるときに、家族が患者さんのそばに居ることができなかった場合に、家族から苦情が来ることがあるからです。

同時に患者さんのそばに居て吸痰をするなどの処置もしなければならないのです。

その間にもナースコールがあれば、他の患者さんが呼んでいるのですから気になります。

認知症の患者さんが、フラフラと徘徊し転倒する危険性もあるのです。排泄介助を希望する患者さんのナースコールも鳴るのです。

最優先にしなければならないことを頭の中で整理し、順番に仕事をこなしていくしかありません。

もちろん介護福祉士や看護補助職員に、依頼できる仕事の内容に関してはしてもらいます。

看護師の夜勤 人数が多い職場のメリットは?

看護師の夜勤の人数が多い職場のメリットは、患者さんの急変時などに業務分担ができて、仕事をスムーズに行うことをできるという点です。

全責任を一人の看護師が引き受けるということがなくなり、精神的疲労を軽減することができるのです。

疲労感が軽減するのですから、同じ職場で長く夜勤の仕事を継続することができると言えます。

看護師の夜勤の人数が足りている職場どんなところですか?

「看護師の夜勤の人数が足りている職場を探したいわ!」とあなたは思いましたね?

三人体制以上の夜勤システムを取り入れている職場の求人情報を探すには、ある程度規模の大きな職場の求人情報を探すことです。

夜勤勤務体制をきちんと記載している求人情報を探すことなどがポイントです。

規模の小さい医療機関などでは、看護師不足などの問題もあり一人夜勤、二人夜勤というところが多いです。

転職サイトなどで 条件検索をしてみることも、良い求人を探す方法の一つです。

特に勤務体制や給料などを重要視する看護師は多いです。

夜勤の時の肉体的精神的負担が小さい病院の看護師の求人情報を探す場合には、看護師の人数が十分に確保されている医療機関を選ぶことが重要です。

看護師が転職の際に求人情報を探す場合には、夜勤に関する詳細情報を得ることができるということが特に重要です。

夜勤勤務のスタッフが三人以上の三人夜勤体制であれば、夜勤をする条件としては良い方だといえます。

また、夜勤スタッフの内、看護師の人数についても確認しておくことが大切です。看護師転職サイトがあなたの代わりに調べてくれますので、依頼すると良いでしょう。

転職サイトランキングを見る