看護師の夜勤で単発の仕事はありますか?

看護師が夜勤で単発の仕事を探すのは簡単ですね。

看護師が働く職場は広範囲ですから、病院だけにとどまらず様々な職場で単発夜勤の仕事の募集をしています。

看護師の単発夜勤の仕事は、一回の夜勤で3~5万円もの収入を得ることができるので、高収入のバイトということが言えるでしょう。

救急病院や一般の病院では、夜勤の業務や対応に追われ忙しい職場が多いのです。

しかし施設の夜勤勤務の場合、仕事が少なく肉体的にも精神的にも楽な場合が少なくないので、人気も高いようです。

看護師の単発夜勤のバイトでも様々な仕事がありますので、収入勤務内容などを調べて自分の希望にあった職場を探すことが大切です。

看護師が夜勤を単発でする場合の仕事とは?

看護師の夜勤で単発の仕事は、一般的にどこでも似たようなことを行います。

まず日勤からの申し送りを受けて、夜間は患者さんの一般状態の管理をします。

バイタルチェックや処置、点滴管理や呼吸管理排泄管理、食事介助や移動介助、排せつ介助などが主ですが、診療科によっては少しずつ異なります。

とにかく、患者さんが安全に朝を迎えることができるように援助するのです。

また、異常の早期発見をするために、時間ごとに見回りをしたり、褥創ができないように時間ごとに体位変換をします。

単発で夜勤の仕事をするのですから、勤務の日だけ緊張しますが、緊張する日が継続するわけではありません。

肉体的にはともかく精神的に疲労が蓄積されるということもないので、精神的にはむしろ楽だと言えるでしょう。

日々の業務に疲れた看護師が、単発の仕事をするということは、ストレス解消や休養になるかもしれませんね。

施設での看護師の夜勤の仕事は、急変することも殆どないのですから精神的にも肉体的にも楽な場合が少なくないでしょう。

看護師が夜勤を単発でする利点は?

看護師が夜勤を単発でするメリットは、何でしょうか?

正社員として病院などの勤めていても夜勤の仕事だけアルバイトなどで行っている看護師はいます。

単発で夜勤の仕事をする看護師の意図はやはり収入でしょう。

勤務日数や勤務時間など、また仕事内容や収入については職場によって異なりますから、自分のライフスタイルに合わせた職場選びが大切です。

本業として勤務している職場にもよりますが、看護師の仕事は肉体労働が主ですから本業の仕事だけでもきついはずです。

その他に、夜勤だけのバイトも加えるのですから、体力的にきついことは予測できます。

夜勤だけの仕事を本業にプラスして行うことができる看護師は、ダブルワークできる環境にあるわけですから、私生活においても限定されます。

子育て中であるなど、家庭環境が看護師の仕事をすることに恵まれていない人には向いていません。

もちろんダブルワークではなく、本業なしの夜勤だけのアルバイトをするということであれば、子育て中でも大丈夫なこともあります。

土曜日や日曜日だけの夜勤をするなど、自分の環境に合わせた単発夜勤であれば、看護師の仕事をすることに問題はないでしょう。

単発の看護師の夜勤の仕事は、本業の仕事よりも便利でもあり有利でもある場合が少なくないのです。

時間収入も希望する条件で勤務することができるのであれば、本業を辞めてでも勤務したくなるかもしれませんね。

看護師転職サイトで、単発の夜勤の仕事ができる職場を探してみると良いでしょう。

看護師が夜勤を単発でする不安点は?

看護師の夜勤で単発での仕事は、毎日の勤務ではないために肉体的には楽だということは予測できます。

しかし不安な面も当然あります

収入は仕事の内容に合ったものをもらえるの?」「仮眠はしっかりとれるのかしら?」「急変時の対応に対してマニュアルはちゃんとあるの?」など気になりますね。

夜勤帯の看護師の人数や院内保育所の有無、勤務形態や緊急事態の確率など、何かと不安になりますから、単発のバイトをする時にはしっかり確認してから勤務しましょう。

単発での勤務とはいえ職場の人間関係については特に気になりますから、看護師転職サイトに登録しておいて細かくチェックしてもらうと良いでしょう。

転職サイトランキングを見る