看護師の夜勤は子供への影響がありますか?

看護師の夜勤の子供への影響は、決して悪い面だけではありませんね。良い面では、子供に対して、働く母親の一生懸命に生きる姿を見せることができます。

一方で、子供が母親を必要とする時に看護師として夜勤を断ることができず、そばに居ることができずに子供につらい思いをさせるのではないかという不安があります。

母親が夜勤をして留守をすることにより、子供には良い面と悪い面の両方で影響を与えるでしょう。

子供が小さなうちは、母親が不在であることで寂しい思いだけをさせることでしょう。

しかし、夫婦のどちらかの両親と同居している家庭もあります。または夫の協力を得ることで、子供にさみしい思いをさせないように、愛情を十分に与える努力しているところもあるでしょう。

夜勤をする看護師の子供に対する気持ちの持ち方によっても、子供に与える影響は違ってきます。愛情が強ければ、一緒にいることができる時間をより大切にしようとします。

看護師の夜勤の子供への影響を最小限にする為に出来る事は?

家庭環境が整っていない状況で、看護師が夜勤をする場合もあります。その時には、勤務先の医療機関などに併設された保育施設を利用するなどの対処をすると良いでしょう。

職場によっては、24時間保育を行っているところや、時間外保育を行っている保育施設を設けている職場もあります。

夜勤の勤務をしていても、そのような施設を利用しながら環境が許す範囲で、母親の愛情を子供に与えることが大切です。

母親が夜勤の為に、夜子供と一緒に過ごすことができないということに対して、子供が辛い思いを抱くことのないように努力しなければなりません。

その為には、仕事以外で子供と過ごすときには、愛情をたっぷりと与えることですね。シャワーのように、どんな時にも愛情を降り注ぐことです。

個人的には「もういらないよ」と子供に言われるくらいに、愛情を注ぎたかったと思っています。

夜勤をする母親の看護師には、夜勤をしたことで、子育てについての後悔をしてほしくはないですね。

看護師が夜勤をしても子供への影響が殆どない職場はありますか?

子育て中の母親をサポートすることを、病院の方針に挙げている所もあります。

そのような職場では、一般の医療機関よりも、子育てをしている母親の立場を理解してくれるでしょう。

転職サイトなどで子育てを支援している病院について、調べることができます。子供にさみしい思いをさせることなく仕事ができるように、職場と相談しながら仕事に取り組むことができるでしょう。

母親の不在の時が多くなると、子供は精神的に不安定な状態になりやすいでしょう。

そのようなことを避けるためには、子供と過ごす時間をなるべく多くとることができる勤務体制で勤務しなければならないのです。

子育ての為には、日勤だけの勤務が必要な場合もあります。また、夜勤の回数を極力減らすことで、子供との関係を良好に保つことができる場合もあるでしょう。

母親が夜勤などをして働いていても、子供に与える悪い影響を最小限にすることはできます。

看護師の勤務は不規則ですが、職場を変えることであえて規則正しい勤務にすることもできます。

「子供にとって、今必要なことは何か」ということを第一に考えると、自然と解決の方向が見えてくるでしょう。

夜勤をしながらも、子供との生活を満足できるものにするためには?

仕事ばかりしていて、子供の顔を見ることが少ない日が続くと、看護師自身も母親としてさみしくなりますね。

看護師としてしっかり働いてはいても、母親として満足することができなくなる時があります。

そんな時には「子供と一緒に居たい」と無性に思うのです。母親である看護師の殆どの人が、そのような経験をしていることでしょう。

看護師として働くことよりも、母親としての満足度を優先しようと考える看護師の殆どは、転職について考えます。

夜勤の勤務が無いクリニックなどで、パート勤務に切り替えるという方法もあります。そのことで、子供との距離を近づけることができる場合も確かにありますね。

転職サイトランキングを見る