夜勤の仕事中の、どのような時に看護師は眠くなりますか?

患者さんが急変する可能性のある職場や、術後の観察で忙しい職場などでは看護師が眠くなるということは少ないでしょう。

何が起きるかわからない状況で、全ての責任が自分にかかってくるという場合には、心にゆとりがないですから眠くはなりません。

緊急事態が予測されるときには、仮眠時間があったとしても心配で寝ていることはできないでしょう。反対に、神経が過敏になって頭も冴えわたってくるといった感じになります。

業務内容が複雑でなく、重症の患者さんがいない職場では、仕事中に眠くなることもあるでしょうね。

また患者さんの状態が安定していて、自分に責任が回ってくるような事態が起きないような状況では、看護師が眠くなることもあるかもしれません。

看護師が夜勤で眠くならないためにはどうしますか?

夜勤の仕事に出てくる前に十分休息しておくことです。

身体を使うことは避けて、なるべく夜の勤務に備えた生活をすることを心がけます。

夜勤前に私用で忙しくしていた場合には、夜勤の仕事の時に疲れて眠くなってしまう場合があります。特に朝方には眠くなります。

患者さんの朝食の介助をしている時などは、看護師も椅子に腰かけますから眠くなる可能性が高いのです。

夜勤時に眠くなった場合には、病棟を見回るなど動き回ることで、眠気が解消するということもあります。

また、ナースセンターの暖房の温度を高くすると眠くなりやすいので低めに設定しておくことも、眠気防止に役立つでしょう。

夜勤の時には、殆どの看護師が眠くなりますか?

看護師の性格や体質によっても、良く眠くなる人とそうでない人に分かれます。

無頓着そうな性格の看護師は、どこでもすぐに眠ることができるようです。

そのような看護師は、仮眠の時にも寝すぎて寝坊することがあります。

しかし神経質な看護師や責任感の強い看護師の場合には、仮眠の時間も緊張していて眠ることができないようです。

夜勤の業務内容だけでなく、看護師の性格によっても、夜勤時の疲労感も異なってくるのですね。

眠くなる看護師の方が、疲れが蓄積しないということが言えるかもしれません。

看護師が夜勤の時に眠くなったらどうしますか?

冷たい飲み物を飲むと目が覚めることがあります。

病棟の見回りを多くすると、患者さんの状況の変化などを発見し、気持ちがシャキッとすることがあります。

ボーと座っていると眠気が襲ってくるので、絶えず動いていると良いこともあります。

室内の温度を下げると、寒くなって眠気がなくなる場合もあります。そのような時には、風邪をひかないようにカーデガンなどの着用は必要ですね。

窓を開けて換気をし、空気を入れ替えすると頭がすっきりして良い場合もあります。

話に熱中して仕事を忘れるようでは困りますから、要注意しなければなりませんが、他のスタッフと話をすることで、眠気を覚ますことができることもあります。

ガムなどを噛むことで、脳を刺激する方法もあります。コーヒーや茶を飲むこともカフェインなので良いでしょう。

棟内を歩くだけでなく、軽く体を動かし体操することも良いですね。私の場合は、ポットのお茶を入れて用意をしておきます。

眠くなって仕事に支障をきたしたり、体調が悪くなるという看護師の場合には、夜勤の免除を上司に頼むということも考えると良いでしょう。

場合によっては夜勤を免除してもらえるでしょう。

しかしその場合には、夜勤手当も無くなりますから収入面では減額されることになります。

収入よりも体のことを大切に考えたい看護師の場合には、夜勤の無い職場に転職することを選択しても良いでしょう。

転職サイトで、夜勤の無い職場について調べてみることもできます。

夜勤の回数を少なくしてもらうことができる職場や、1回の夜勤手当の高額な職場など、勤務時間が短い職場など、気になる勤務条件の職場を探してみましょう。

転職サイトランキングを見る