夜勤が原因で離婚する看護師はいますか?

現代は2分に一組が離婚するそうですから、夜勤が原因で離婚する看護師はいるかもしれませんね。

しかし、夜勤の仕事は看護師だけがしているわけではありませんから、特に看護師に離婚する人が多いということでもないでしょう。

看護師に夜勤の業務があることに関しては、結婚する前から分かっていることです。

お互いに全てを理解して、その上で結婚するわけですから、夜勤が原因で離婚というのは不自然なことです。

どうしても夫が夜勤の仕事について理解や協力をしてくれない場合には、夜勤の無い職場に転職することで離婚は避けることができるはずです。

夜勤が原因ということであれば解決策はありますから、それでも結果的に離婚をする場合には、その原因が夜勤ではないと言えますね。

妻である看護師が、夜勤をする場合には夫とのコミュニケーションをより多くとることに努めなければならないでしょう。

夜勤をして疲れていることを理由に、不機嫌になったり家の仕事をおろそかにすることは、夜勤の勤務を終えた看護師の肉体的精神的な疲労を考えると当然かもしれません。

妻である看護師としては、そのことを夫や家族に前もって理解してもらい、協力をしてくれるように話しておかなければならないでしょう。

離婚した看護師は夜勤の仕事がしやすいですか?

離婚して子供がいない看護師の場合には、夜勤の仕事はしやすくなるかもしれません。

夫や家族に対して、夜勤の為に家を空ける遠慮などをしなくても良くなるからです。

反対に、子供を持ちながら離婚する看護師の場合には、益々仕事がしづらくなる可能性もあります。

離婚した看護師を取り巻く環境によっては、看護師の仕事を出来なくなる可能性もあります。

特に、看護師を取り巻く環境が良くなく、子供を預かってくれるところがない場合などです。

しかし看護師の働くことができる職場は広範囲ですから、保育施設のある職場など適切な職場を選択をすることで看護師の仕事を続けることができます。

離婚した看護師をサポートしてくれる職場に勤務することで、看護師の仕事を続けることができるでしょう。

子供のことや収入のこと、働きやすい勤務についてなど職場と相談して納得できる勤務条件にしてもらうと良いですね。

離婚する前に夜勤の仕事を断ることはできますか?

「夜勤さえしなければ、もっと夫婦関係が良好になるのに」など明らかに夜勤が原因で夫婦の関係が悪化している場合には、夜勤をしない方向で検討する必要があるかもしれません。

上司に夜勤を断る、または夜勤回数を減らしてもらうように頼んでみましょう。

看護師数や仕事内容など、職場環境やその条件によっては希望が受け入れられるかもしれません。

もし夜勤をしないこと夜勤回数を減らすことを受け入れられない場合には、転職を考えても良いでしょう。

夜勤を続けることで、夫婦関係は修復できないかもしれませんが、看護師の仕事は転職しても続けることはできます。

日勤ばかりの職場転職することで、また日曜日にはいつも自宅に居ることができることで、夫や家族とのコミュニケーションをとる機会がより増えるでしょう。

看護師の仕事よりも夫婦関係を大切に考える看護師の場合には、転職する勇気が必要な時もあるでしょう。

「あの時は夜勤をやめてよかった」と離婚を回避して言うことができるのであれば、それに越したことはありませんね。

夫婦の形もいろいろありますが、看護師の夫にもいろいろあります。

看護師の高収入を当てにして、お金遣いが荒くなる夫もいますし、妻が夜勤で頑張っている時に遊んでいる夫もいます。

夜勤をしなければその分収入は減りますから、お金に無頓着の夫の場合には、その経済感覚に変化がみられかもしれません。

また妻が夜勤をしなくなれば、夜の夫の行動も見えてきますからその行動にも変化が現れるかもしれません。

看護師の家庭によって異なりますが、夜勤を辞めることで離婚の危機を防ぐことができるということはあるかもしれませんね。

夜勤のない職場へ転職するなら、看護師転職サイトを利用して下さいね。

転職サイトランキングを見る