看護師夜勤の仕事についてです。

看護師の夜勤の仕事内容は、働く職場や病棟により異なります。

3交代勤務であるか、2交代勤務であるかによっても異なります。夜勤をする看護師の数によっても違います。

一人夜勤と二人夜勤では、肉体的にはもちろん精神的にも大きく違うのです。

夜勤で起こる事を、何もかも一人の看護師で責任を背負うという事は精神的に苦痛です

介護病棟勤務の場合と、医療病棟勤務の場合とを比較しても夜勤の仕事内容は大きく異なります。

夜は患者さんが寝ているだけだから楽だなどと考えるのは大間違いです。数年前と違って介護度の低い患者さんは病院に入院している事は少ないのです。

介護度の低い患者さんは自宅か、福祉施設を利用するのです。病院に入院する患者さんは、介護度の高い重症の患者さんである場合が多いのです。

看護師夜勤の仕事の満足度についてです。

夜勤時は50人ほどの患者さんを、場合によっては一人の看護師で見なければなりません

入院している患者さんの全てに責任を持たなくてはならないのです。

朝になり患者さんの様態に何事もなく、不備なく仕事をこなし終えた時にはホッとします。一晩中病棟を歩き回るので、脚は浮いて重たくなります。

重い脚を引きずるので、仕事を終えるころには両足がもつれてしまいます。

疲れて足がもつれているよ、と同僚から声をかけられます。

そんな夜勤を終えて帰宅する時は満足感とやり終えた充実感でいっぱいになります。

重症の患者さんが無事にまた朝を迎えることができたのは、看護師が十分な看護をしたせいでもあるのです。

夜間の吸痰も必須の仕事です。夜間の体位変換や排泄介助もなくてはならない仕事なのです。

看護師夜勤と、看護師の就職についてです。

夜勤業務を希望しない看護師もいます。

理由は、家庭の事情であったり子育ての為であったりします。

夜勤業務が、自分のライフスタイルには合わないと考えている人もいます。健康に気を使い夜勤はしないと決めている人もいます。

反対に夜勤の業務を増やして、収入をアップしようと考える看護師もいます。

看護師求人転職支援サイトでは、自分の希望する職場を紹介してくれます。

看護師求人転職支援サイトに登録するだけでよいのです。夜勤の体制についても給料についても納得する医療機関に就職する事が出来ます。

転職サイトランキングを見る