30代の看護師が、夜勤をしない時もありますか?

30代の看護師が夜勤をしない理由には、いろいろな家庭の事情があるでしょうが、子育てをその理由に挙げる人は少なくないです。

そのような看護師は「子供が小さなうちは夜勤をしないで夜は家に居たい、子供の世話は人任せにしないでなるべく自分がしたい」と考えるからです。

家庭を持つ子育て中の看護師の場合には「子供が少し大きくなった時に、また夜勤を始めよう」と考える人が少なくないです。

夜勤はいつでもできるけれども、子育ては今だけしかできないから」という看護師もいます。

「家族の介護をしなければならない」などの家庭の事情を抱えている30代の看護師の場合にも、夜勤をしないことがあるでしょう。

30代で夜勤をしない看護師は、一般に仕事よりも家庭のことを考えている場合が多いです。

自分の健康状態が不安だということで、夜勤を免除してもらっている看護師もいます。

また趣味や勉強などの為に、夜勤をしていない看護師もいます。それぞれの看護師の家庭環境だけでなく、看護師の考え方や生き方によって夜勤をしない人もいるでしょう。

30代の看護師が夜勤をする利点は?

看護師の30代は夜勤にしても日勤にしても仕事が面白くなってきている時でもあります。仕事には慣れてきているし、新人の指導も入ってきているでしょう。

看護にしても業務内容にしても、職場でどんどん自分の意見が通る環境になって、仕事がやりやすくなってきます。

家庭を持っていない30代の看護師の場合には、バリバリ仕事をしたい時でもあるでしょう。

仕事を頑張ることで、上司から認められ管理職になる可能性も高くなります。仕事を通して、いろんな経験を積むことができますから、人間的にも成長できるチャンスの時です。

夜勤をしても残業をしても、きちんと手当の付く職場に勤務していれば収入も上がっていきます。

夜勤をすることで収入がアップするのであれば、夜勤を拒む理由もないでしょう。30代は、自分の目標に向かって頑張れる年齢でもありますね。

30代の看護師が夜勤をするには?

両親と別居している核家族が都会では多いです。地方であっても最近は、両親と別々に家庭を持っている人たちが少なくありません。

30代で子供を持ちながら女性が働くことは、簡単ではありません。

特に看護師の場合には勤務が不規則で、夜勤があったり日曜出番があったり、時間外勤務もありますから定時に帰宅することができない場合も少なくありません。

30代看護師が仕事をバリバリ頑張れるためには、働き易い環境ができていなければならないでしょう。

夫の理解と協力がなくては、妻である看護師が仕事を続けることは難しいでしょう。

仮に夫に理解があったとしても、夜勤の無いクリニックなどに転職していく看護師は少なくありません。

夫に遠慮しながら仕事をしなくても良い、子育てしやすい環境を自分から選択して転職していくのです。

30代でシングルマザーの看護師の場合にも、働くことができる環境が整っていなければ就職もできないのです。

子育て中の母親の看護師を、サポートする方針を持つ職場に勤務することが大切です。

母子寮や社宅などを用意して、看護師を募集している医療機関もあります。職場に保育施設があることは、母親である看護師にとっては、なくてはならないとても大事な条件ですね。

その保育施設が24時間体制であれば、子育てをしなければならない立場の看護師も夜勤をすることができます。

小さな子供は急に熱を出すなど病気になりやすいです。子育て中の看護師をサポートしている医療機関などは、突然の休暇願に対しても受け入れてくれるでしょう。

子供を育てる看護師を支援している働きやすいやすい勤務条件の職場を探し就職することで、30代の看護師も夜勤をすることが可能になるでしょう。

看護師の求人サイトで「院内保育」「24時間保育」の保育設備がある職場、日勤だけで正職員になれる職場などを探してもらうと良いですね。

転職サイトランキングを見る