40代の看護師が夜勤をする時は?

40代の看護師も、夜勤はもちろんしますね。40代になると、看護師も子育てに一区切りがつき、家庭的にも夜勤のできる環境になるころです。

40代は、子育ての為にクリニックなどでパート勤務をしていた看護師も「大きな病院で夜勤などをして常勤で働いてみようかな」と考える頃ですね。

子育てに手がかからなくなると今度は教育資金が必要になってきます。「せっかく仕事をするのであれば常勤の仕事を探し、夜勤もバリバリ頑張ろう」という看護師もいるでしょう。

40代は、今まで過程を重視して主婦業に専念していた潜在看護師も、仕事を再び始めようと考える年齢でもあります。

40代になり子供から手が離れて仕事を一生懸命し始めようという時に「今度は親の介護をしなければならなくなって、また仕事ができなくなった」という人もいるでしょう。

40代の看護師でも、家庭の事情やその環境はそれぞれに異なります。考え方によっては、夜勤ができる環境にいるというだけでも、幸せな環境と言えるかもしれませんね。

40代の看護師が夜勤をする利点は?

40代の看護師が夜勤をする利点ですか?夜勤をすると夜勤手当がつきますから、その分収入が増えます。

病院によって夜勤手当に差がありますから、これから夜勤業務を始めようと考えている看護師は、業務内容と夜勤手当についてよく検討することが大事です。

病棟勤務でも日勤ばかりの勤務では、申し送りを受けていても患者さんの全体像がなかなか見えてこないことがあります。

また、日勤だけの勤務をする看護師の場合には、夜間に自分で判断する責任の重さやその怖さを理解していないということが言えます。

「夜勤をしていないので、自分は一人前とは言えないのではないかしら」と考えている看護師がいる事から理解できます。

夜勤をしているからこそ、夜勤をしていない看護師から一目置かれているという場合もあります。夜勤をしている看護師の意見の方が、業務改善時などに重要視されるということもあります。

日勤の勤務ばかりをしていると、平日の用事ができにくい場合があります。

夜勤の勤務をすると、夜勤の前や夜勤後には平日でも自由な時間ができます。銀行や郵便局、その他の買い物などの用事をしやすくなり便利だという利点もありますね。

40代の看護師が夜勤をしたくない時には?

看護師を始めてから40代になるまで「結婚をしても子供が生まれてもずっと変わりなく夜勤業務を続けてきた」という看護師もいるでしょう。

「年齢と共に夜勤の勤務がひどくなってきた」と実感することが、継続して夜勤を続けている看護師には多いかもしれませんね。

「若い時には夜勤明けでも、平気で友達と会ったり買い物にも行くことができたのに、その気力も無くなってきた」という話はよく聞きます。

疲れる時には、集中力が低下してきますから、ちょっとしたミスも起こしやすくなっています。

夜勤の時などのミスが多くなってきたという40代の看護師は、夜勤の業務が身体的に負担になってきている証拠であるかもしれませんね。

40代になると、一気に夜勤の仕事をきつく感じてきます

夜に眠ることができないことに対して、不満に感じたり負担に思うようになりますから、精神的な充実感や満足感を味わうことも少なくなってきます。

精神的にまた身体的に夜勤が負担になってきた時には、上司に相談してみましょう。看護師の人数に問題がなければ、夜勤の勤務から外してくれるかもしれません。

しかし看護師不足である病棟の場合には、40代の看護師もなかなか夜勤を外してもらえないのが実情です。

夜勤の少ない職場や夜勤の無い職場への転職を考えても、40代の看護師であればまだまだ大丈夫です。

転職したとしても、勤務条件が自分のライフスタイルに会った、また給料にもそれほどの差のない職場を探すことはできるでしょう。

職場によっては、ベテラン看護師として重宝されることも少なくないでしょう。適切な職場への転職を選択することで、退職までの人生を充実感を持って看護の仕事の取り組むことができるかもしれませんね。

40代で夜勤のない職場、夜勤の少ない職場に転職したい看護師にお勧めしているのが、看護師転職サイトの利用です。全てお任せで、あなたの希望に合わせた求人を紹介してくれますよ。

転職サイトランキングを見る