看護師の失敗について。

看護師も人間ですから、思いもよらね失敗をする事があります。

人手不足で忙しく、疲労から集中できなくておきる失敗もあります。

注射のミスや投薬ミス、看護師の見守り困難で患者さんが転倒する時にも看護師のミスになります。

一人の患者さんに1対1で看護できるわけではないのです。

失敗が起きても仕方のない状況でのミスもあります。精神的にも肉体的にも余裕がなければ失敗が起きる可能性はあるのです。

働きやすい環境であれば起きる事のなかった失敗も在るのです。

私の勤めている病院では、失敗をした看護師は、事故報告書を書くことを義務つけられています。

また他の看護師が同じ失敗を繰り返す事のないように、その事故報告書を院内の全病棟に回覧しなければなりません。

看護師の失敗の現実について。

看護師が失敗した時には、事故報告書などを書かなければなりません。

事故が起きた時の状況を、なぜそのようなことになったのかについて詳しく書きます。

再度同じ失敗をしないために、どのような事に気をつけなければならないか、何をすべきかについても書きます。

失敗した看護師の記事の他に、病棟看護師長や医師も看護師の失敗について対処すべき事を記入する欄があります。

病棟全体で失敗が起きた理由を考え、対策を考えるのです。対策を実施した結果についても、その後発表する機会があるのです。

看護師が二度と同じ失敗を繰り返さないために、対策には万全を期す必要があります。

たとえばベッドから転落した患者さんがいたとします。

その時の対策としてはベッドを低くする、その患者さんをナースセンターから見える位置にするなど具体的に挙げるのです。

車椅子で過ごす事を多くし、夜間は良眠を図るなど様々な対策が考えられるのです。

看護師が失敗をしないための環境を整えている職場。

看護師は忙しくてゆとりがなくなる時にミスを犯す事があります。

看護師のミスをなくすために、働きやすいゆとりを持った職場作りをしている医療機関もあります。

新人看護師にはしっかりとした指導が行われる職場があります。

ブランクのある看護師にも安心して働く事が出来る職場もあります。

看護師求人転職支援サイトでは、看護師が働きやすい環境を整えている職場を紹介してくれます。

自分の希望する勤務条件の職場を見つけてしたせてくれます。

看護師求人転職支援サイトで適切な職場を選択し、ミスをすることのない環境で働く事が出来ます。

転職サイトランキングを見る