子持ちの看護師が転職するときの注意点はありますか?

子持ちの看護師が転職するときに特に注意したい点は、新しい職場が母親である看護師を支援する方針をとっている職場であるか否かという点です。

子供を持つ母親の立場にたって、看護師を支援できるかという点を確認しておくことは非常に大切です。

上司が職場の方針に沿って、子供を持つ看護師をサポートしようと考えているのであれば、勤務についての希望も受け入れられやすいでしょう。

看護師の家庭環境を理解して、なるべく働きやすい勤務体制を組んでくれる可能性が高いでしょう。

子持ち看護師の希望を聞いて、夜勤の業務をしなくてもよいかもしれません。

または、夜勤回数を減らしてくれるかもしれないのです。保育所の迎えの時間によっては、時間外業務を免除してくれるかもしれません。

日曜日や祭日には保育所も休みですから、看護師の家庭環境により子守りがいない場合などは、勤務希望を受け入れて日曜祭日出勤を免除してくれるかもしれません。

勤務する病院などに保育施設があると、益々働きやすくなります。

24時間保育をしてくれる施設を設けている職場であれば、子を持つ母親である看護師でも夜勤をすることも可能になります。

子持ち看護師が転職する場合には、子育てを支援している方針を挙げている医療機関に勤務するほうが、長く仕事を続けることができるでしょう。

子持ちの看護師が転職すると不利ですか?

看護師の仕事を続けるためには、子育てと仕事を両立しなければなりません。

そのためには、子育てに都合のよい条件の職場を選択して就職することが大切です。

現在働いている職場が、子育てに都合のよい勤務条件でない職場であれば、働きやすい職場に転職することはやむを得ませんね。

子持ちの看護師が転職することは、就職にあたって一概に不利だということはないでしょう。

働く環境が良くなり、子育てがしやすくなるということの方が多いでしょう。

子育ての期間は数年ですから、その間は子どもを中心にした生活をしたいものです。

大切な子育ての期間を、看護師の仕事の為に充実できなかったという経験を持つ看護師は少なくありません。その為に、子供に引け目を感じている看護師は結構多いでしょう。

母親である看護師が子育てに集中すると、経済的に生活が困難になる家庭もあります。

家族が子育てをサポートできない環境であれば、看護師が子育てに適した職場に転職しても仕方がないでしょう。

子持ちの看護師が転職するのに適した職場はありますか?

病棟勤務はあまり適していません。夜勤や時間外勤務はもちろん、休日出勤は普通にあるからです。

子持ち看護師は少なくありませんから、子持ちを理由に夜勤や休日出勤を拒むと、病棟の看護の仕事が回らなくなってしまいます。

入院している患者さんにとっては、日勤も夜勤も関係ありませんし、休日も平日も関係ないのです。

クリニック勤務の方が子育てしながら仕事を両立させるには適しています。クリニックでは夜勤はなく、日曜日や祝日はもちろん休みなのです。

夜勤の無い看護師の職場は、一般の会社福祉施設などでもあります。

デイサービスや訪問看護センターなども、夜勤業務はないです。

24時間体制の保育施設を設けているなど、子育て支援をしている職場であれば、病院勤務や夜勤業務もできる場合があります。

子育てしながら看護師の仕事を続けることができる職場も探してみると結構あります。

アルバイトパートの仕事を探す方法もあります。

仕事をする日時をこちらから指定して働くことができる職場もあります。

家庭環境に合わせて仕事をしやすい条件を挙げて、その条件に合う職場選びをすることができます。

職場の上司が子育て経験もあり、子育てに理解のある人であれば、仕事がしやすいということは言えますね。

子育ての経験のない人が上司である場合には、勤務のサポートなどに関する期待はできないかもしれません。

転職サイトランキングを見る