看護師と学歴の関係。

看護師と学歴は殆ど関係ありません。学歴はあってもなくてもどちらでも良いと考える看護師の方が多いでしょう。

少なくとも一般の病院やクリニックで働いている看護師にとっては、学歴は関係ないです。

学歴がなくても准看護師として働いている看護師はたくさんいます。正看を目指して通信で勉強して正看護師になる准看護師もいます。

正看であっても準看であっても、仕事をする内容には変わりありません。働く内容については変わりがないので、高学歴でも自慢する看護師はほとんどいないでしょう。

なぜなら、看護師にとって学歴の有無は無意味なことだとわかっているからです。重視するとしたらは、それは学歴ではなく資格の取得についてでしょう。

学歴のある看護師に対しては誰も注目しませんが、その看護師の人間性看護師としての働き方などについては注目します。

専門看護師や認定看護師などの資格を取得している看護師に対しては、指導してもらうこともありますし尊敬の気持ちをもって接する看護師はいます。

認定看護師になると、自分の働いている病院ばかりではなく他の医療機関にまで出かけて行き、自分の得意分野についての指導をするのです。

資格を取得しているので、自分の活躍する場を自分自身で開拓していくことができるのですから、とてもやりがいはあるでしょう。

看護師に学歴は必要ですか?

看護師に学歴は必要ありませんが、看護学校を卒業したての時には学歴での年収差がある場合もあります

しかし、看護師に学歴は必要ではないということは、中途採用の時の求人項目を見てもわかります。経験年数何年で、年収いくらと募集要項に書かれていますが、学歴での年収は書かれていません。

看護師としての経験年数は評価されることはありますが、学歴で評価されることはまずないということが証明されています。

看護師としていかに働くことができるかが最大の注目点です。看護師を募集する医療機関も、看護師の学歴があっても仕事ができなくては、雇う意味がないのです。

経験年数とどんな診療科で働いたかということが、求人側が最も知りたいことであり、採用について判断の決め手になるところなのです。

認定看護師などの資格を取得し、病棟で働く看護師を指導する立場になり、自分の活動の場をどんどん自分自身でで拡大している看護師もいます。

学歴に物を言わせて管理職になったとしても、人間性の無い上司ではスタッフに尊敬されません。

看護師によって考え方や目標が違いますから、看護師の道は当然それぞれ違いますね。学歴を必要とするかしないかも看護師自身が決めればよいですね。

看護師の学歴が重視されるときは?

看護師の高学歴が評価されるときは、管理職などへの出世に関するときです。管理職に抜擢されるときには、経験年数などももちろん考慮されますが、大卒の看護師が優遇されることもあります。

条件の似た看護師の中から管理職を選択しなければならない時に、学歴でしか違いが見いだせない場合には看護師の学歴を参考にされることがあるかもしれません。

また、大学を出ていることで、助産婦保健師になりやすいということは言えます。学歴があることで、看護師としてのキャリアアップにつなげる道も増えて、看護師として活躍する幅が広まるのです。

自分の看護師としての目的は何かを考えて進むときに、学歴があることで優遇されることはあるかもしれません。しかしそのことと、看護師として働く職場とはまた別のことです。

学歴などと関係なく日々看護師は病棟でクリニックでと忙しく働いているのです。患者さんは学歴のある看護師を求めてなどいません。

患者さんは患者さんの身になって考えてくれる、すぐ自分のそばにいる看護師を求めているのです。

求人側も患者さんもスタッフも誰も学歴を求めてはいないし、必要としていないのです。学歴を必要とし重視しているのは、目標を達成するためには学歴が必要な看護師自身でしょうね。

転職サイトランキングを見る