看護師が復職・ブランク可の求人を選ぶ時の注意点5つ

看護師が復職・ブランク可の求人を選ぶ時には、どのようなことに注意すれば良いのでしょう?

子育てなどでブランクがある看護師さんが復職する時には、復職・ブランク可の求人を選ぶと安心です。

でも、復職・ブランク可の求人なら、どれでも良いというわけではないのですよ。

看護師が復職・ブランク可の求人を選ぶ時の注意点を一緒に見ていきましょうね。

 

看護師が復職・ブランク可の求人を選ぶ注意点①:教育体制は整っていますか?

看護師がブランク可の求人を選ぶ時の注意点の1つ目は、教育体制が整っているかどうかです。

臨床現場を離れていた看護師さんは、看護スキルに自信がなくなっていると思います。

復職すると、

「あれ?この手技の手順、どうだったかしら?」

と思うことが何度もあるでしょう。

そのような時に、先輩看護師が指導・フォローしてくれると安心ですね。

だから、看護師が復職・ブランク可の求人を選ぶ時には、教育体制がきちんと整っているかどうかを確認しておきましょう。

  • 入職時のオリエンテーションや研修はあるか
  • 入職後にプリセプターがついたり、手厚いフォロー体制はあるか

この2つを確認しておくと安心ですよ。

 

看護師が復職・ブランク可の求人を選ぶ注意点②:ブランクは何年まで?

看護師が復職・ブランク可の求人を選ぶ時の注意点の2つ目は、ブランクは何年までOKかです。

求人票に「復職・ブランク可」と書かれていても、ブランク何年までOKかは書かれているものは少ないのです。

単純に「ブランクがある」と言っても、ブランクが半年の看護師とブランクが20年の看護師では、看護スキルは全く違います。

ブランク半年ならブランクがないのとほぼ同じで即戦力になれますが、ブランク20年の看護師は新卒看護師とほぼ同じ状態です。

だから、ミスマッチをなくすためにも、あらかじめその求人はブランクは何年までOKかを確認しておくと良いのです。

この注意点はブランク3年までの看護師さんはあまり気にする必要はありませんが、ブランクが3年以上ある看護師さんは確認するようにしましょうね。

 

看護師が復職・ブランク可の求人を選ぶ注意点③:採用実績はありますか?

看護師が復職・ブランク可の求人を選ぶ時の注意点の3つ目は、ブランクがある看護師の採用実績はあるかどうかです。

求人票に「復職・ブランク可」や「ブランク歓迎」と書かれていても、実際にブランクがある看護師を採用したことがあるかどうかはわかりません。

ブランクがある看護師を今までに何人も採用している職場なら、採用確率は高いですし、入職後の指導体制も整っていますI。

また、ブランクから復職した看護師さんが同僚になりますので、入職後に同じ悩みを共有・相談することができて、働きやすいと感じるはずですよ。

復職の不安を少しでもなくすために、復職後のストレスを少しでも軽減するためにも、ブランクがある看護師の採用実績があるかどうかは、確認しておきましょうね。

看護師が復職・ブランク可の求人を選ぶ注意点④:具体的な業務内容は?

看護師が復職・ブランク可の求人を選ぶ注意点の4つ目は、具体的な業務内容についてです。

重症患者さんが多くて、人工呼吸器などの医療機器ばかりを使った患者さんのケアをするのは、ブランクが長い看護師さんには荷が重いと思います。

急性期ではなく、慢性期や介護施設なら安心というわけではないので、注意が必要ですよ。

療養病棟にも人工呼吸器や気管切開の患者さんがいますし、介護施設には医師が常駐しているわけではないので、利用者さんの急変時には搬送するかどうかを自分で判断しなければいけません。

また看護スキルだけでなく、体力が必要な介護業務がどのくらいあるかを調べておくと、安心ですね。

入職後に「こんなに大変だなんて知らなかったわ」と後悔しないように、具体的な業務内容を事前に細かく調べておくようにしましょうね。

 

看護師が復職・ブランク可の求人を選ぶ注意点⑤:ブラックではないですか?

看護師が復職・ブランク可の求人を選ぶ時の注意点の最後は、ブラックな職場ではないかどうかです。

いくら「復職・ブランク可」で、教育体制が整っていて、ブランクがある看護師への支援体制が充実していても、ブラックな職場だったら、すべてが台無しです。

ブランクがある理由は人それぞれだと思いますが、出産や育児・自身の健康問題・親の介護などが理由で臨床現場から離れていた人が多いでしょう。

復職すると、育児・健康・介護との両立という問題が出てきます。

ブラックな職場だと、これらの両立は難しくなり、復職したことを後悔することになります。

例えば、

  • 休みが少ない
  • シフトがきつい(明け日勤などがある)
  • 希望休が通らない
  • 残業が多い
  • 体力的にきつい
  • 自分や家族の病気等でも急な休みは認めてもらえない

このような職場では、育児・健康・介護との両立は難しいと思いますよ。

だから、復職後に無理なく働ける職場環境かどうかを確認しておくようにしましょうね。

 

まとめ

看護師が復職・ブランク可の求人を選ぶ時の注意点は5つありました。

5つ全部をきちんと確認しておけば、あなたの転職・復職はきっとうまくいくはずですよ。

ただ、あなた1人でこの5つの注意点を調べるのは難しいですね。

5つの注意点は求人票には載っていないことばかりですから。

この注意点を簡単・確実に調べる方法があります。

その方法とは、看護師転職サイトを使うことです。

看護師転職サイトを使えば、担当者があなたに代わって全部調べてくれますので、復職・ブランク可の求人の中であなたに合う求人を簡単に絞り込むことができるのです。

マザーナースイチオシ転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は特にオススメです!全国17ヵ所の相談会場があり、直接キャリアアドバイザーに相談も可能です。管理職看護師の転職にぴった りな求人や、治験関連企業の看護師求人も豊富です。まずは相談してみると、心強いアドバイスとサポートが受けられますよ。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは実績豊富な老舗看護師転職サイトです。求人の量と質、キャリアアドバイザーのレベル共に申し分ありませんので、マイナビ 看護師との併用をおすすめします。

こちらもおすすめ

運営者情報 | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる