看護師手順について。

看護師の仕事の中には、スタッフの誰でも同じように仕事ができるように手順が用意されているものがあります。

病棟の種類によってもその内容は異なります。

診療科により仕事の内容が異なりますから、それぞれに異なった手順があります。

外科病棟では患者さんに対する手術前の説明の仕方や、手術前の準備の仕方、剃毛の仕方などが記録されている手順があります。

外科病棟の検査項目に応じ、患者さんに説明する内容の手順があります。

内科病棟でも、心臓カテーテル検査など心臓疾患を診断する決め手となる検査の手順があります。

レントゲン室で行う検査の手順や、病室で行う腎臓の検査、肝臓の検査の手順などがあります。

新人看護師もその手順に沿って仕事ができるので、手順があると便利です。

看護師手順の必要性。

看護師の仕事は多いですから、新人看護師に何もかも付き添って指導するのは困難です。

一回目は説明しても、その次からは指導してもらわなくても自分で仕事ができる事が理想です。

業務内容が複雑だと、覚えきれない場合もあるのです。

そんな時に一日の流れにそった仕事の手順や、看護行為の手順や、検査がスムーズに行えるための手順などがあると便利です。

手順がなくても仕事を覚えなばら自分でメモをして自分なりの手順を作る事が出来ます。

手順を用意する病棟は、新人看護師に対して親切です。

病棟全体の仕事の流れをスムーズにするためには、忙しい病棟ほど手順は必要かもしれません。手順は、慣れてしまうと体が覚えるので必要なくなってしまいます。

看護師手順に従ってする仕事。

病棟によっても手順がたくさん用意されている病棟と、あまり手順が用意されてない病棟があります。それぞれの病棟の仕事内容によって異なります。

外科と内科によっても病院の大きさによっても異なります。

それぞれの病棟の治療内容や検査内容によっても異なります。手順がたくさん用意されている病棟であれば、先輩看護師に聞くことも少なくなります。手順を見ながら行うことで、自分で仕事をこなせるようになるのも早いのです。

看護師求人転職支援サイトでは、手順が多い病院や少ない病院なども知る事が出来ます。

それぞれの医療機関の、自分が知りたい情報を提供してくれるのです。看護師求人転職支援サイトに登録してみませんか?

転職サイトランキングを見る