救命救急センターで働く看護師とその仕事の特徴は?

救命救急センターには、急性心筋梗塞や脳卒中、心肺停止や意識障害、交通事故による外傷など様々な疾患の患者さんが運ばれてきます。

患者さんの状態によっては、心臓外科や脳外科、整形外科や循環器内科など救命科以外の診療科が治療に加わる場合もあります。

日本の救急医療は、初期救急、二次救急、三次救急に分かれています。初期救急は、入院の必要がなく外来診療のみで対応できる比較的軽症の患者さんを診療します。

二次救急では、入院を必要とする患者さんを診察します。三次救急では、二次救急で対応が困難な生命に危険のある患者さんを受け入れていますが、この医療施設が救命救急センターです。

救命救急センターには、 高度な医療を行うための人工心肺装置や人工呼吸器などがあり最新の医療機器が整っています。

救命救急センターは、地域における救急医療の重要な役割を担っており、24時間体制で患者さんを受け入れています。

看護師が救命救急センターで働くメリットはありますか?

救命救急センターはチームの連携を欠かすことのできない職場です。その職場に慣れてくると、医師や多くのスタッフとのチーム医療をスムーズにこなすことができるようになります。

医師の処置や治療などを目の前で見ているので、先を予測でき仕事の段取りもうまくできるようになります。

先が読めて仕事が手早くできるようになると「救命救急センターでの仕事が楽しくなって来た」という看護師もいます。

病気が軽快した患者さんから感謝の言葉をもらうこともありますが、そんな時にはとてもやりがいを感じることができます。救命救急センターで働くメリットは、仕事を迅速にテキパキと行えることができるようになることです。

一刻一秒を争い患者さんの処置を行わなければ、生命の危険さえあるのですから、仕事が早くなったり判断力が増すのは当然ですね。

救命救急センターでは、緊迫した環境の中で一般病棟では得ることのできない看護師としてのキャリアを積むことができます。

救急看護認定看護師や集中ケア認定看護師などの認定看護師を目指している看護師は、救命救急センターでの経験を将来に役立てることができるでしょう。

救命救急センターの看護師の役割は?

救命救急センターの看護師の仕事には、医師の診療の補助や患者さんの全身管理などがあります。

全身の清潔ケアや体位変換、排泄介助や日常生活の援助、患者さんの状態の異常を早期に発見し医師へ報告するなどの仕事があります。

救命救急センターで働く看護師にはいろいろな人がいますが、救命救急のプロという使命感を持って働いている人が多いです。

また、チームの団結力も強く、看護師一人一人の向上心も高く看護師に求められる役割や業務内容に対しても、責任を持って実施しているのです。救命救急センターでは、医師の指示や判断を待つ間もない切迫した状況になることもあります。

救命救急センターで勤務する看護師は、必要な医療処置を行い業務を遂行するために、研修に参加するなどし知識を積み、現場に備えなければならないでしょう。

患者さんは意識がないことが多く、患者さんとのコミュニケーションを取ることは難しい状況です。治療や看護の甲斐もなく亡くなってしまう患者さんも少なくなく、一般病棟と比較すると、精神的に疲労感が残る職場かもしれません。

しかし、治療が難しい職場である分だけ、看護師としての充実感や達成感を持つ機会も多くあります。また、責任は大きいですが、同時にやりがいもあるために救命救急センターの勤務を希望する看護師は少なくありません。

患者さんの家族の精神的ケアを行うことも、救命救急センターの看護師の大切な役割の一つです。突然の病気に襲われ生命の危機さえる患者さんのそばで、家族は不安と闘っています。

今後の患者さんの治療方針を決めるために、医師からの突然の判断を迫られることもあるのです。

転職サイトランキングを見る