看護師が産後に再就職する時は、どれくらいの期間を置いてしますか?

看護師が産後に再就職する時は、どれくらいの期間を置いてしますか?

看護師が産後に再就職する時についてお話しますよ。

再就職について、再就職先について、再就職するメリットについてをそれぞれご紹介します。

看護師の産後の再就職

産後再就職するまでの期間については、看護師によって様々に異なります。

 

私の場合は、産後3カ月から看護師として働きだしたのです。

職場に保育施設があったことで、迷うことなく利用したのです。

 

暫くは夜勤が免除されたので、毎日子供とともに出勤できたのです。

今勤めている職場でも、若い看護師が出産の為に育児休暇をとっています。

 

職場の規約で、産後一年は休暇がとれます。

出産を終えた看護師は一年の育児休暇を終えて職場に復帰する予定です。

 

勤めている職場の規約に基づき育児休暇の期間が異なるのです。

産後3カ月で働き始める人もいます。

産後1年経ってから働き始める人もいます。

 

出産を機に職場を退職する看護師もいます。

職場を退職してしまった看護師は、子育てが終わってから再就職しようと考えて退職するのです。

 

看護師の子育てに対する考え方と、仕事に対する考え方の違いによって産後再就職するまでの期間は様々なのです。

職場に保育施設がある場合にも、再就職する期間は異なってきます。

 

産後の看護師は、自分に一番適した時期に再就職するのが良いです。

自分の子供に対する気持ちに正直にいたいものですね。

経済的に許す範囲で、子育てに専念したいと考える看護師は少なくないのです。

 

看護師が産後再就職する職場は?

看護師の仕事は夜勤や時間外勤務があります。

日曜出番もあります。

 

仕事と家庭の両立が出来る職場でなければ、看護師として働く事は無理です。

育児が加われば、ますます看護師としての仕事に制限が出来ます。

 

自宅近所のクリニックなどで働く事が一番無難かもしれません。

クリニックは夜勤や日曜出勤がありません。

 

職場が近くであれば、通勤に時間をとられることはないのです。

子育ての為に、なるべく多くの時間を費やす事が出来ます。

 

看護師の仕事は一生続ける事が出来ます。

看護師としての資格があるのですから、いつでも働き始める事が出来ます。

 

しかし、産後の母親としている事が出来る時間は、一生のうちでその時期だけに限られるのです。

一生のうちで、たった一度の大切な時間なのです。

 

その時を子供とともに大切に過ごす事が出来たら、母親として幸せですね。

 

看護師が産後に再就職するメリットはどんな事がありますか?

継続して仕事をすることで、看護師としての腕が落ちないということは言えます。

看護師として働き続けることで、産後の身体が肥満になりにくいと言うことはあるかもしれません。

 

すっきりとした体形を維持できるかもしれません。

しかしその他は、看護師として産後すぐに再就職するメリットはあまりないです。

 

産後はやはり母親として、子供の傍にいる事が理想ですね。

子供が母親を恋しがるのと同じように、母親もまた子供が恋しいのです。

 

母子ともに精神的な安定を保つためにも、母親は産後自宅にいる方が望ましいのです。

私は産後三カ月で看護師として働きだしたのです。

 

子供が病気の時や具合の悪い時に仕事に行くのは嫌でしたね。

いつでも母乳を与える事が出来る環境が欲しかったですね。

 

やはり産後一年ほどは働く女性というより、母親の立場をとる方が良いと思います。

その方が、子供にとっても看護師自身にとっても自然な形のような気がします。

看護師の母イチオシ転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は特にオススメです!全国17ヵ所の相談会場があり、直接キャリアアドバイザーに相談も可能です。管理職看護師の転職にぴった りな求人や、治験関連企業の看護師求人も豊富です。まずは相談してみると、心強いアドバイスとサポートが受けられますよ。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは実績豊富な老舗看護師転職サイトです。求人の量と質、キャリアアドバイザーのレベル共に申し分ありませんので、マイナビ 看護師との併用をおすすめします。

この記事を書いた人

マザーナース「キヨミ」

  • 取得資格:看護師、ケアマネージャー
  • 出身:富山県
  • 年齢:61歳
  • 看護師経験:呼吸器・循環器・消化器・血液内科と内科系はほぼ全て

私は数十年の看護師経験を経て、60歳越えの現役ナースです。

私の看護師の経歴としては、呼吸器・循環器・消化器・血液内科と内科系はほぼ全て経験しています。

私の経験が、少しでも悩んでいる皆さんの励みになればと思います。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる