看護師が結婚後に再就職をする理由は?

看護師が結婚後、夫だけの給料で生活する事が出来る人は少ないのです。

経済状況が良くない現代社会で、夫の給料がとても高額で自分の収入は生活を維持するために、必要がないと考えている人は少ないのです。

それに看護師の仕事をするために看護師の仕事をあきらめる人も少ないのです。

退職する看護師がいるかもしれません。

しかし結婚生活にも慣れてきて仕事ができる家庭環境であれば、やはり看護師として働く職場を探す人は多いでしょう。

結婚後すぐに出産して育児をする事になる人もいるかもしれません。それでも育児が一段落すると、家族の協力を得て、看護師として働きだす人は少なくありません。

看護師の資格を持っている以上、いつでも働く理由はあると言ってもいい位です。本来、夢や希望を持って看護師になったわけです。

経済的な理由ばかりではなく、看護師として看護師の仕事がしたくなるのです。

看護師が結婚後再就職する時に適している職場は?

結婚後に再就職する時には、夜勤はできます。

しかし結婚後子育て中であれば、再就職先の条件はかなり狭まります。再就職する時には、自分が働く事が出来る条件について考える必要があります。

自宅と職場間の距離や、通勤にかかる時間や交通手段について考えます。クリニック勤務になるかなど決まってきます。

やりたいと考えている自分の看護観によっても就職先は異なります。急性期の医療機関や救急外来で、バリバリ活躍したいと考える人もいるでしょう。

緩和病棟で在宅患者さんを訪問して、丁寧に看護がしたいと考えている看護師もいるでしょう。

看護よりも介護に重点を置いて働きたいと考えている看護師もいます。治療補助の仕事ではなく、予防に力を入れて働きたいと考えている看護師もいます。

看護師として働く事が出来る職場は本当に幅が広いのです。希望する職場を選択しなければ、後悔し退職してしまうことは目に見えています。慎重に選択しなければなりません。

看護師が結婚後に再就職するまでの期間は?

看護師が結婚後に再就職するにしても、それまでの潜在看護師としての期間は個人差がありバラバラです。結婚後すぐに働く事が出来る環境が整い、新しい職場を探す人はいます。

しかし再就職するまでにとても長い時間を費やす人もいます。家庭の環境によって、なかなか自信がなくなってしまうのです。

医療の現場は絶えず進歩しています。自分が看護の現場から離れている間に、新しい医療機器が普及しているはずです。看護技術も変化しているかもしれません。

看護師の仕事が以前のようにできるかどうかについて不安になるのです。家庭を守り子育てに専念し、やっと働く事が出来る時がきてもブランクの長さが看護師としての自信をなくしてしまっているのです。

それでもやはり看護師として働きたいと考える看護師はいます。ブランクがある看護師に適した再就職先はもちろんあります。

医療よりも福祉を重視している職場でもデイサービスや、老人ホーム、グループホームや訪問看護などで看護師として働く事が出来ます。

高度な医療現場ではないけれども、看護師を必要とする職場は多くあります。結婚後、再就職するまでの期間によっても再就職先は異なってきます。十分職場を選択し、自分にあった職場で働きたいですね。

看護師転職サイトに相談しましょう

1位:マイナビ看護師

マイナビ看護師さんは口コミでの人気が高い看護師転職サイトですね。非公開求人が多く高収入の求人に強いので、イチオシですよ。


2位:ナース人材バンク

ナース人材バンクさんは業界では老舗ですので安心ですね。確実な転職をしたい看護師さんは、こちらも併用しましょうね。


※非常勤(パート・アルバイト・派遣)をご希望の方は、 こちらへどうぞ。

この記事を書いた人

現役看護師「キヨミ」

北陸地方の大学病院で外科病棟に2年勤務し、その後総合病院にて、呼吸器・循環器・消化器・血液内科と内科系を中心に勤務をしてきました。

学生指導や教育担当を経て、今は皮膚排泄ケアの認定看護師として活動しています。

60歳を超えるまで、ずっと看護師一筋で働き続けてきた経験を活かし、悩める看護師さんたちの励みになる記事を書いていきたいです。

  • 保有資格・・・正看護師・ケアマネージャー
  • 出身・・・石川県
  • 年齢・・・62歳
  • 職務経験・・・大学病院・総合病院・訪問介護施設
  • 診療科経験・・・外科・呼吸器・循環器・消化器・血液内科・老年科

ページのトップへ戻る