看護師試験の合格率はどれくらいでしょうか?

看護師試験の合格率ははっきり言って高いです。

私が看護学校を卒業した時には、100%の合格率でした。看護師試験の合格率は一般的に言っても95%以上です。

看護学校で3年間勉強しているのです。試験の点数が悪く赤点をとければ、再度追試を受けなければならないのです。

理解するまで同じ所を何度も繰り返して勉強しているのですから、合格するのが当然と言えば当然です。

今から考えると、合格点を取るまで試験をしてくれるのですからありがたい事です。

毎日実習とレポートと試験勉強でしたから、いい加減嫌になった事もあります。

その頃は試験ばかりでうんざりしていましたが、結果的には国家試験を受験する時に良い結果をもたらしてくれたのです。

合格率は良くて当然ですから、看護学校さえ出ていれば殆どの場合普通に看護師になる事は出来るはずです。

看護師試験の試験勉強の仕方についてです。

看護師試験の勉強の仕方については、それぞれの学生によって異なります。

殆どの学生は、看護師国家試験のそれまでに出題された過去の試験問題集を参考にして勉強していましたね。

看護師専門学校の3年目は学校では殆ど実習とレポートで忙しいのです。

多くの看護学生は、3年目の後半からが国家試験に向けての準備をしていたようです。

3年間普通に勉強していれば合格する国家試験です。

看護学校の時には全寮制の所が多いのですから、同級生同士お互いに励まし合って頑張る事が出来ます。

休日には一緒に勉強することもあります。夜食も一緒に食べるのです。

看護師試験に合格してから就職するまで。

実際には合格発表前に、看護学生たちはそれぞれの職場に就職しているのです。

不合格であったならば今の就職での立場はどうなるのかと、殆どの看護師は心配した経験があるでしょう。

しかし実際には殆どの看護師が合格しています。私の卒業したクラスでは、24人の学生全員が合格しています。

不合格の心配は、悩むほどの事もないでしょう。

看護師求人転職支援サイトに登録すると、就職先を紹介してくれます。

どんな医療機関に勤務したいか、希望する勤務条件を詳しく知らせておきます。看護師求人転職支援サイトでは、条件に合った職場を見つけて知らせてくれるのです。

転職サイトランキングを見る