看護師が転職で外資系で働くために3つの仕事とメリット、注意点を知りましょうね

看護師が転職で外資系で働くために3つの仕事とメリット、注意点を知りましょうね

看護師が転職で外資系で働くには、3つの仕事がありますよ。

また、外資系を選ぶメリットや注意点も知っておきましょうね。看護師の外資系への転職についてお話しますよ。

看護師が転職で外資系を選ぶなら、3つの仕事がありますよ

看護師が転職で外資系を選ぶなら、一般的な病院やクリニックで働かずに、外資系企業で働く必要がありますね。

看護師が外資系企業で働くには3つの仕事があるのですよ。

 

治験コーディネーター(CRC)

看護師が転職で外資系企業で働くなら、治験コーディネーター(CRC)の仕事がありますよ。

治験コーディネーターは、治験を行う病院やSMO(治験施設支援機関)に勤務して、治験を管理・調整したり、被験者(患者さん)の精神的なケアを行うのが仕事になります。

 

SMOは日系企業だけでなく外資系企業もありますので、外資系のSMOに就職すれば、外資系で働くことができるのです。

 

フィールドナース

フィールドナースとは、医療機器メーカーや製薬会社に勤めて、自社製品をアピールしたり、使用方法を説明する仕事です。

 

医療機器メーカーも製薬会社も、外資系企業が多いので、フィールドナースとして外資系の医療機器メーカーや製薬会社で働けば、看護師でも外資系企業で働けるのですよ。

 

臨床開発モニター(CRA)

臨床開発モニター(CRA)も看護師が外資系企業で働けるチャンスがある仕事です。臨床開発モニターは、製薬会社やCRO(開発受託機関)の立場から、治験を管理・調整したり、治験のデータを取ったりする仕事になります。

 

製薬会社やCROは外資系企業が多いので、臨床開発モニターの仕事を選ぶと、自然に外資系企業が就職先の候補になるのですよ。

 

看護師が転職で外資系を選ぶメリットは何でしょうか?

看護師が転職で外資系を選ぶなら、外資系を選ぶメリットを知っておきましょうね。外資系企業に転職するメリットは3つあるのですよ。

 

外資系企業は給料が高い

看護師が外資系へ転職するメリットの1つ目は、外資系企業は給料が高いことです。日系企業に比べて外資系企業は、給料水準が高いのです。

 

職種や経験によって年収は変わってきますが、臨床開発モニターは外資系企業に転職して経験を積んでいけば、年収1000万円以上を稼ぐことも十分に可能なのですよ。

 

看護師が年収1000万円以上稼ぐことができれば、「給料が高い!」と言えますね。

 

外資系企業は英語スキルを活かせる

外資系企業は英語が必須になります。これは外資系、つまり外国の企業で働くのですから当然のことですね。

 

英語が得意な看護師さんにとっては、外資系企業へ転職すれば、自分のスキル・特技を活かしながら働くことができるですよ。

 

外資系企業は有給休暇を取りやすい

外資系企業は、仕事とプライベートをしっかり分けるところが多いですし、経営側と労働者側が対等な関係であるところが多いのですよ。

 

そのため、有給休暇は労働者の正当な権利として、自分の仕事調整ができれば、有給休暇を好きな時に申請できるところが多いのです。

 

「有給休暇は捨てるもの」という状況で働いている多くの看護師さんにとっては、有給休暇を取りやすい外資系企業は夢のような転職先と言えますね。

 

看護師が転職で外資系企業を選ぶ注意点は2つありますよ

看護師が転職で外資系企業を選ぶ3つのメリットをご紹介しましたが、外資系企業へ転職する際の注意点も知っておきましょうね。

 

外資系企業は年俸制が多い

外資系企業へ転職する際の注意点の1つ目は、外資系企業は月給制ではなく年俸制が多いことです。つまり、ボーナスがないのですよ。

 

求人情報に月収35万円と書いてあった場合、年俸制だと年収は35万×12ヶ月=420万円になりますが、月給制だと420万円+ボーナスになります。

 

そのため、月収だけを見て「この月収にさらにボーナスが入るな」と思って皮算用していると、年俸制でボーナスがなくガッカリすることもありますので、気をつけましょうね。

 

ただ、ボーナスがなくても、外資系企業は日系企業よりも年収が高いことが多いのですよ。

 

実力至上主義が多い

看護師が外資系企業へ転職する注意点の2つ目は、実力至上主義であることですよ。日系企業や一般的な日本の医療施設では、年功序列であることが多いですね。

 

経験年数を積んでいけば、自然と給料は上がりますし、役職につく機会も増えます。でも、外資系企業は実力至上主義であることが多いのですよ。

 

つまり、実力があれば年齢に関係なく、どんどん給料が上がりますし、昇進しますが、あまり仕事ができないと長年勤めていても、給料は上がらないし、昇進もありません。

 

仕事ができる看護師さんにとっては、実力至上主義であることはメリットですが、あまり仕事ができない看護師さんにとっては、デメリットになり得ますので、あらかじめ実力至上主義であることは知っておきましょうね。

 

外資系企業へ転職したい看護師さんは、転職支援サイトを使うと良いですよ。外資系企業で働くための仕事である治験コーディネーターやフィールドナース、臨床開発モニターは、あまり求人数が多くないのです。

 

そして、もともと求人数が多くないのに、そこから外資系のものを探すのは大変ですね。

 

でも、転職支援サイトなら担当コーディネーターに外資系企業で働きたいことと、治験コーディネーターやフィールドナース、臨床開発モニターの中でどの仕事に興味があるかを伝えれば、外資系企業の求人を紹介してもらえるのですよ。

マザーナースイチオシ転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は特にオススメです!全国17ヵ所の相談会場があり、直接キャリアアドバイザーに相談も可能です。管理職看護師の転職にぴった りな求人や、治験関連企業の看護師求人も豊富です。まずは相談してみると、心強いアドバイスとサポートが受けられますよ。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは実績豊富な老舗看護師転職サイトです。求人の量と質、キャリアアドバイザーのレベル共に申し分ありませんので、マイナビ 看護師との併用をおすすめします。

こちらもおすすめ

【マザーナース】

マザーナースは「看護師の仕事を何でも解説!」をテーマに制作しているWEBサイトです。現役看護師(マザーナース「キヨミ」)、転職エージェントOG、WEB担当3名による編集チームです。

運営者情報 | マザーナースとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる