看護師は転職の平均回数を超えても転職することはできるのでしょうか?

看護師は転職の平均回数を超えても転職することはできるのでしょうか?

看護師の転職の平均回数はどのくらいなのでしょうか?

また、平均回数を超えて転職することはできるのでしょうか?

看護師の転職の平均回数についてお話しましょうね。

看護師の転職の平均回数はどのくらいなのでしょうか?

看護師の転職の平均回数はどのくらいなのでしょうか?

転職を考えている方にとっては、平均回数はどのくらいなのか、何回までなら転職しても良いのか、ほかの看護師は何回くらい転職するものなのか気になりますね。

 

平成22年8月から平成23年1月にかけて行われた厚生労働省の看護職員就業状況等実態調査の中で、調査回答時に看護師として就業している人が、今までに退職した回数を調べたものがあります。

 

今現在看護師として働いている人の退職回数=転職回数になりますので、この結果を見れば、看護師の転職の平均回数が見えてきます。

 

結果は0回が45.2%、1回が24.0%、2回が14.1%、3回が7.9%、4回が3.7%、5回が3.4%、無回答が1.6%となっています。

 

つまり、この調査結果から、看護師の転職は平均回数は0~1回程度と言えるのですよ。

思ったよりも多くはないのですね。

 

ただ、この調査は20代から60代以上までありとあらゆる世代の看護師さんを対象にしたものです。

 

たとえば、20代前半の看護師さんが転職を3回していたら「多いな」と思われますが、40代・50代の看護師さんが3回の転職をしていても「そんなものだよね」と思いますよね。

 

ですから、看護師の転職の平均回数のデータは、あくまで参考程度として考えるべきなのですよ。

私の同僚でも、7回転職した人もいましたよ。

 

看護師の転職の平均回数を超えたらどうなるのでしょか?

看護師の転職の平均回数は0~1回程度、ただ年齢によって異なるので参考程度にしたほうが良いとお話しました。

 

いくら参考程度で考えるべきとわかっていても、やっぱり平均回数は気になりますね。

そして、もし平均回数を超えて転職をしたいと思ったらどうなるのでしょうか?

 

ここでは、わかりやすいように20代前半の看護師さんを例にして考えてみましょうね。

20代前半の看護師さんが平均回数を超えて、たとえば3回目の転職をしようと思ったらどうなるのでしょうか?

 

看護師として働き出すのは、最短で21歳。多くの人が22歳からですね。

ということは20代前半で3回目の転職をしようと思っている人は、1つの職場を1年以内に辞めている計算になりますね。

 

そういう人が、また転職しようと思っている場合、面接官はどう思うでしょうか?

「この看護師さんは、またすぐに退職するんじゃないか?」とか「どうせまたすぐに辞めるんでしょ」と思うはずですね。

 

面接官はできるだけ長く働いてくれる人を採用したいと思うものです。

なぜなら、看護師を採用して、職場で戦力として働いてもらうようになるまでには、手間も時間もかかるからです。

 

ですから、年齢を考慮して明らかに転職回数が多い、平均回数以上の転職をしている人は、すぐに退職すると思われて、不採用になってしまう可能性が高くなるのですよ。

 

看護師が転職の平均回数を超えてしまったら、どうすれば良いのでしょうか?

看護師が転職の平均回数を超えてしまったら、どうすれば良いのでしょうか?

看護師が転職の平均回数を大きく超えて転職する場合、どうしても転職が不利になりますね。

 

でも、転職をした経歴を消すことはできませんし、履歴書に嘘を書くこともできません。

 

転職の平均回数を大きく超えてしまった看護師さんは、次の転職を最後の転職にする覚悟で転職活動をしましょうね。

 

最後の転職にするには、あなたの希望にピッタリ合ったところを選ばなくてはいけません。

ただ、「給料が高くて、休みも多くて、仕事も楽で、人間関係も良くて」というパーフェクトな職場は存在しません。

 

それにあなたはもう転職の平均回数を超えてしまって、転職に不利な状況なのですから、そんなパーフェクトな職場は倍率が高いので採用してもらえない可能性が高いのです。

 

ですから、転職先に求める条件の中で「これだけは譲れない!」と思う条件を1~2個だけ挙げて、その条件だけは絶対に妥協をしない、そのほかの条件は妥協しても仕方がないという姿勢で求人を選ぶと良いでしょう。

 

また、採用試験の面接では、すぐに辞めずに長く勤めることをしっかりアピールするようにしましょうね。

 

良い求人を選べば、あなたは転職をする必要がなくなります。

また、面接で長く勤めることをアピールすれば、面接官に好印象を持ってもらえますので、採用してもらえる可能性が高くなるのですよ。

 

看護師の転職の平均回数を超えているけど、転職したい方は、転職支援サイトを使いましょうね。

転職支援サイトなら、あなたの妥協したくない条件を満たした求人を簡単に見つけることができます。

 

また、担当コンサルタントが、面接対策のアドバイスをしてくれますし、担当コンサルタントから「この看護師さんは転職回数が多いですが、今度は長く勤めるはずです」と一言添えてもらうことができますので、採用される可能性がよりいっそう高まるのですよ。

マザーナースイチオシ転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は特にオススメです!全国17ヵ所の相談会場があり、直接キャリアアドバイザーに相談も可能です。管理職看護師の転職にぴった りな求人や、治験関連企業の看護師求人も豊富です。まずは相談してみると、心強いアドバイスとサポートが受けられますよ。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは実績豊富な老舗看護師転職サイトです。求人の量と質、キャリアアドバイザーのレベル共に申し分ありませんので、マイナビ 看護師との併用をおすすめします。

この記事を書いた人

マザーナース「キヨミ」

  • 取得資格:看護師、ケアマネージャー
  • 出身:富山県
  • 年齢:61歳
  • 看護師経験:呼吸器・循環器・消化器・血液内科と内科系はほぼ全て

私は数十年の看護師経験を経て、60歳越えの現役ナースです。

私の看護師の経歴としては、呼吸器・循環器・消化器・血液内科と内科系はほぼ全て経験しています。

私の経験が、少しでも悩んでいる皆さんの励みになればと思います。

こちらもおすすめ

【マザーナース】

マザーナースは「看護師の仕事を何でも解説!」をテーマに制作しているWEBサイトです。現役看護師(マザーナース「キヨミ」)、転職エージェントOG、WEB担当3名による編集チームです。

運営者情報 | マザーナースとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる