看護師の転職手順と流れは9ステップで大丈夫。スムーズに転職できる

看護師で転職手順と流れを知りたいという人は多いと思います。

「転職をしたいけれど、何から手を付けて良いかわからない。」、「どういう流れで転職活動を進めていけば良いの?」と思っている人は、今からお話する9つのステップで転職活動をしていけば大丈夫ですよ。

看護師の転職手順と流れを1つ1つ詳しく説明していきます。これであなたもスムーズに転職ができるはずですね。

看護師の転職手順と流れ 1.転職までの計画を立てる

看護師の転職手順と流れ、1つ目のステップは転職までの計画を立てることですよ。

まずは、いつから転職先で働きたいのか、転職時期を考えましょうね。

転職時期を決めたら、あとは逆算していけば、今の職場の退職時期や求人に応募する時期、求人を探す時期などが自然に決まってきます。

計画をあらかじめ立てておけば、ダラダラと転職活動をして、いつまでも転職活動が終らないということがありません。

スムーズに転職するためには、転職計画をしっかり立てておくことが大切なのですよ。

看護師の転職手順と流れ 2.退職のために就業規則を確認するして準備する

看護師の転職手順と流れの2つ目のステップは、退職のために就業規則を確認して準備を始めることです。

これは、今働いている人限定のステップですね。

看護師は退職するのに苦労することが多いです。

退職を申し出ても、引き止められることが多いですから。

だから、退職をするためには、早めに準備を始めておく必要があります

退職するためには、まずは就業規則を確認して、いつまでに退職を申し出れば良いのかを確認しましょう。

民法では2週間前までに申し出れば良いとされていますが、就業規則で1ヶ月前に申し出なければいけないとしている職場もあります。

退職の申し出は早ければ早いほど良いのですが、転職活動を並行していく場合、内定をもらっていなければ、まだ具体的に退職日が決められなことも多いですね。

だから、退職申し出のタイムリミットを確認しておくことは大切なのですよ。

看護師の転職手順と流れ 3.求人を探す

看護師の転職手順と流れ、3つ目のステップは求人を探すことです。

求人を探す時には、まずはあなたが転職先に求める条件を考えましょうね。

そして、その条件に優先順位をつけてから、求人を探すと捗りますよ。

求人を探す方法は、次の3つがあります。

・ハローワーク

・eナースセンター

・転職支援サイト

この3つを併用して求人探しをしても良いですが、私の一番のおすすめは転職支援サイトですよ。

転職支援サイトは求人数が多いですし、条件の良い非公開求人も扱っているのでおすすめなのです。

看護師の転職手順と流れ 4.求人に応募する

看護師の転職手順の流れの4つ目は、求人に応募することですね。

あなたの希望に合う求人を見つけたら、履歴書や職務経歴書などを作成して、求人に応募しなければいけません。

履歴書や職務経歴書は、社会人としてのマナーを問われるものですし、まずは書類選考を突破しないと面接を受けることができませんから、しっかりと準備して、気合を入れて書きましょう。

求人の応募に必要な書類は、職場によって違いますから、きちんと確認して、すべて揃えてから応募してくださいね。

看護師の転職手順と流れ 5.面接を受ける

看護師の転職手順と流れの5つ目は、面接を受けることです。

求人に応募して書類選考に合格したら、面接日の連絡が来ます。

面接日は先方から指定されることもありますが、あなたが勤務日などでどうしても都合がつかない場合は調整してくれることも多いので、遠慮せずに面接日の調整をお願いしてみましょう。

面接をうまく乗り切るためには、事前にしっかり準備しておくことが重要です。

社会人としての面接のマナーを確認し、想定質問の答えを考えて、身だしなみを整えてから面接を受ければ、きっとうまくいくと思いますよ。

看護師の転職手順と流れ 6.内定と内定受諾

看護師の手順と流れの6つ目は、内定をもらうことですね。

面接を受けて、見事採用となったら、内定の連絡が来ます。電話やメールで来ることもありますし、郵便で来ることもあります。

内定が出たら、転職活動終了というわけではありません。

内定を受諾するかどうか返事をしなければいけませんよ。

そうしないと、内定が取り消される可能性があります。

内定をもらったら、労働条件などを確認して、内定を受諾するか、辞退するかの返事をしてください。

看護師の転職手順と流れ 7.入職日の決定

看護師の手順と流れの7つ目は、入職日の決定です。

内定の返事をしたら、次は入職日を決めます。

あなたがその時点で離職していれば、転職先の求める時期に入職できますが、在職中なら退職してからでないと入職できません。

退職までにかかる時間を考慮して、入職日を転職先と調整してすり合わせていく必要がありますよ。

看護師の転職手順と流れ 8.退職する

看護師の転職手順と流れ、8つ目が退職することです。

あなたが今在職中なら、転職前に退職しておかなくてはいけませんね。

退職までの期間は、あなたがいつ退職を申し出たかによって違いますが、あなたがまだ退職を申し出ていないなら、退職までに1ヶ月はかかると思っておいた方が良いでしょう。

退職する時には、引き止められると思いますが、迷うそぶりは見せず、毅然とした態度で退職手続きを進めましょう。

ただ、今までお世話になった職場ですから、社会人としてのマナーは守って、感謝の気持ちを持って、しっかり挨拶して退職してくださいね。

看護師の転職手順と流れ 9.転職先へ入職する

看護師の転職手順と流れ、最後は転職先へ入職することですよ。

転職先に入職して働きだしたら、ようやく転職活動が終わりになります。

転職したばかりの頃は、慣れない職場で慣れない仕事をするので、緊張して心身ともに疲れると思いますが、それも慣れるまでの辛抱です。

新しい環境で働ける喜びをかみしめて、頑張りましょうね。

看護師がスムーズに転職するなら転職支援サイトを使いましょうね

看護師がスムーズに転職するための、転職手順と流れをお話しました。ある程度転職手順と流れがわかっても、この通りに進められるか不安という人もいると思います。

そんなあなたは、転職支援サイトを使うと良いですよ。

転職支援サイトでは、転職コンサルタントがあなたの転職を全面的にバックアップしてくれますから、転職コンサルタントのアドバイス通りに進めていけば、スムーズに転職できるのです。

また、面接日の調整や面接の準備、入職日のすり合わせなどもやってくれますから、安心して転職できますね。

看護師転職サイトに相談しましょう

1位:マイナビ看護師

マイナビ看護師さんは口コミでの人気が高い看護師転職サイトですね。非公開求人が多く高収入の求人に強いので、イチオシですよ。


2位:ナース人材バンク

ナース人材バンクさんは業界では老舗ですので安心ですね。確実な転職をしたい看護師さんは、こちらも併用しましょうね。


※非常勤(パート・アルバイト・派遣)をご希望の方は、 こちらへどうぞ。

この記事を書いた人

現役看護師「キヨミ」

北陸地方の大学病院で外科病棟に2年勤務し、その後総合病院にて、呼吸器・循環器・消化器・血液内科と内科系を中心に勤務をしてきました。

学生指導や教育担当を経て、今は皮膚排泄ケアの認定看護師として活動しています。

60歳を超えるまで、ずっと看護師一筋で働き続けてきた経験を活かし、悩める看護師さんたちの励みになる記事を書いていきたいです。

  • 保有資格・・・正看護師・ケアマネージャー
  • 出身・・・石川県
  • 年齢・・・62歳
  • 職務経験・・・大学病院・総合病院・訪問介護施設
  • 診療科経験・・・外科・呼吸器・循環器・消化器・血液内科・老年科

ページのトップへ戻る