看護師の通所介護の仕事はどんな事?

看護師の通所介護での仕事に興味があるのですね?

施設によって業務内容は多少異なりますが、在宅にいる高齢者を車で送り迎えする仕事を看護師が行う事もあります。

看護師は、施設を利用する高齢者に対して検温や血圧脈拍などを測定するバイタルチェックを行い、健康状態を把握し観察します。

利用者の病気や症状によっては、医師の指示に従う処置をすることもあります。

排便状況が良くなく便秘の人には、医師の指示を受けて浣腸や座薬を挿入します。

また糖尿病の人に対しては、血糖値の測定やインシュリンの注射をすることもあります。

食事の提供時には、食事摂取状況の観察や、摂取量などをチェックします。

食事の介助をする人に対しては、なるべく自分でできる事はしてもらい、できない部分のみを援助します。

入浴介助時には、身体や皮膚の異常の有無についての観察や処置、脱衣行為の観察や援助をします。

利用者さんとの会話も大切で、会話を通して利用者さんの精神状況の観察をします。

レクレーションやリハビリも利用者さんと一緒に行います。リハビリでは利用者さんを励まし、意欲が高まるように精神的な援助をしていきます。

利用者さんの中には、在宅で退屈な日常生活を送っている人もいます。

利用者さんの毎日の生活に、刺激を与えて活性化させる働きも通所介護施設にはあります。

高齢者を抱え在宅で介護する家族は、利用者さんが通所介護施設を利用する間だけでも精神的にくつろげるのです。

長く在宅介護をする家族にとっては、通所介護施設は無くてはならない存在なのです。

在宅での介護に不安や悩みがある家族は、通所介護施設で働く看護師に相談してくる場合もあります。

通所介護施設は、高齢者や在宅介護をする家族の精神的肉体的負担を軽減するという大事な役割を果たしているのです。

看護師が通所介護の仕事を選択する理由やメリットは?

看護師で通所介護の職場で働く事を希望する人は、夜勤や時間外の仕事が自分の生活に適していない人でしょう。

通所介護施設は、在宅で介護を受ける高齢者がサービスを利用する施設です。

サービスの内容としては、入浴や食事、排泄やレクレーションやリハビリなどがあります。看護師はサービスを利用する高齢者に対して援助をする仕事をします。

通所介護施設にはデイサービスなどがあります。病院などとは違い、夜勤や日曜日の出勤が殆どありませんから夜勤の仕事をしたくない人には向いています。

通所介護施設を利用する人は殆どが高齢者なので、高齢者と接することが好きな看護師には適している職場です。

日常生活の援助の仕事をしますが、患者さんと一緒にレクレーションをしたりコミュニケーションをとったりもします。

利用者さんの楽しそうな顔を見たり生き生きとした表情に触れる時には、仕事に対するやりがいを感じる事が出来ます。

デイサービスには殆ど医師は不在で、看護師も数人しかいません。

利用者の健康状態の全てについて把握するのは看護師です。

通所介護施設に働く看護師の責任や精神的負担は大きいです。寝たきりの重症患者さんの看護ではないために、肉体的疲労は少ないですがやりがいや達成感は十分にあります。

看護師で通所介護の仕事が自分には不向きだと思う人はいますか?

看護師が通所介護ではなく病院で患者さんを看る時には、患者さんの家族とはそれほど親密な関係になる事は少ないです。

通所介護施設で働く場合には、高齢者の自宅に車で迎えに行くこともあります。

利用者さんの家族と接する機会は、病院に勤めている場合とは違いすごく多くなるでしょう。

また利用者さんの日常生活の援助をするだけではなくて、利用者さんを在宅で介護する家族の精神的な支えにならなくてはいけない場合もあります。

毎日時間に制限なく介護するのですから、在宅で高齢者の介護に当たる家族の精神的負担はとても大きいのです。

通所介護施設の存在は、高齢者だけではなくその家族にとってもとても心強い存在なのです。

家族との人間関係を良好にするためには、看護師のコミュニケーション能力がとても問われる場合があります。

家族との信頼関係をなくして、通所介護施設で働きづらくなったと言う看護師もいます。

利用者さんの介護だけではなく、家族との人間関係に気を使うことが得意ではないと言う看護師には、適していない職場かもしれません。

転職サイトランキングを見る