看護師を養成するところです。

看護師養成するための施設が看護学校です。

高校を卒業して看護学校で3年間勉強と実践を積んだ後、看護師の国家試験を受験する権利を得る事が出来ます。

看護学校では1年間は教室で勉強をします。2年目は、勉強と実践を半分ぐらいずつ行います。3年目には、実習が主です。

国家試験に合格してはじめて看護師の資格を持って働く事が出来るのです。

最近では4年制の看護学校が出来て、保健師養成課程をあわせもつカリキュラムを取っている看護学校もあります。

卒業すると、保健師と看護師の2つの国家試験取得の権利をもつということです。

2つの資格を持ち、保健師と看護師のどちらの仕事もできるという事は、より幅広い活動が出来るという事です。

この看護師養成制度は以前はなかった制度なので、中高年の看護師にとってはとてもうらやましい話です。

看護学生にとっては、人生にとっても有益な看護師養成制度です。

看護師養成後はどうなりますか?

以前は看護学校の3年間の勉強を経て、看護師の資格を取得してから1年間保健師の資格を取得するための学校を出て保健師になる事が出来たのです。

平成11年度から、短期大学卒業以上の大学への編入が、専門学校卒業者にもできることになったのです。

看護教育カリキュラムの改正により専門学校のカリキュラムも多様化してきています。看護師養成は、専門学校ではなく短期大学でもできるのです。

短期大学の修業年限は3年で、準学士の学歴を得る事も出来ます。学費の面では、大学よりも安く専門学校よりも高額だといえます。

看護師の養成は、修業年限4年生の大学でもされます。学士の学歴を得る事が出来て、看護師の国家試験を受験する権利も取得できます。

大学によっては、他に保健師や助産師の国家試験受験資格、養護教諭免許や中学校・高等学校の保健の教諭免許などが得られるところがあります。

将来の目標が定まっていない時期には、大学で勉強することも一つの方法です。

以前は看護師になるための養成施設は看護学校しかなかったのです。

看護師養成の道が増えたことは、看護師不足の解消のための対策の一つと考えられます。

最近は大学を選んでも短期大学を選択しても、専門学校を卒業したのと同様に国家試験取得の権利が出来るのです。

幅広く知識を身につけた看護師になる事が出来るのです。必然的に看護の質も高くなります。

大学で外国語を学び、言語を得意とする看護師は、国際看護師として世界で活躍することができます。

看護師として働く事が出来る職場の選択肢が、より拡大したのです。

看護師養成後に就職するためにする事。

看護師養成後に、就職する職場を探す時には看護師求人転職支援サイトに登録するとよいです。

自分の希望する勤務条件の職場に就職しましょう。

沢山の職場の中から、自分に合った職場を見つける事が出来ます。

転職サイトランキングを見る