看護師は103万円の壁と130万円の壁があることを知っていますか?この103万円、130万円というのは年収のことです。

旦那さんがいて、あなたはパートで働いていこうと思っている場合、この103万円の壁と130万円の壁を気にして働かないと、働き損になってしまう可能性があるのですよ。

看護師は103万円の壁と130万円の壁を知っていますか?

看護師の年収で103万円の壁と130万円の壁があるのを、あなたは知っていますか?

旦那さんと共働きで、あなたはパートで働こうと思っている場合、この103万円の壁と130万円の壁を知っておかないと、損をしてしまうことがあるのです。

子育てと仕事を両立させながらパートで働きたい、ブランク明けだから常勤ではなくパートとして働きたいと思っている看護師さんは、この103万円の壁と130万円の壁を知っておく必要があるのですよ。

103万円の壁とは?

103万円の壁とは所得税と配偶者控除の壁のことです。

パートとして働く場合、年収が103万円以下だと所得税を支払う必要がないのですよ。ちなみに、年収100万円以下だと住民税も支払う必要はありません。

そして、もう1つの配偶者控除についてですが、これは旦那さんが支払う税金に関係してきます。配偶者の年収が103万円以下だと、旦那さんは配偶者控除を受けられますので、支払う税金が少なくて済むのです。

あなたの年収が103万円を超えると、配偶者控除を受けられなくなります。それでも103万円を超えて141万円未満の場合は、配偶者特別控除を受けることはできます。

配偶者特別控除は配偶者(あなた)の年収に応じて、旦那さんの税金の控除額が変わるものです。

もし、あなたが103万円の壁を考えずに働いてしまったら、所得税支払い+配偶者控除がないことで、世帯年収が減って損をしてしまうことがあるのです。

130万円の壁とは?

続いて130万円の壁について説明しましょうね。130万円の壁とは、社会保険に関する壁のことです。

旦那さんがいて、あなたがパートととして働く場合、年収130万円未満なら、旦那さんの扶養に入りますので、健康保険や年金を支払わなくて良いのです。

でも、年収130万円を超えると、あなたは自分で自分の健康保険料と厚生年金を支払わなくてはいけません。これが130万円の壁なのですよ。

看護師は103万円の壁と130万円の壁、どっちを意識すべきなのでしょう?

看護師は103万円の壁と130万円の壁のどちらを意識して働くべきなのでしょうか?103万円の壁は所得税と配偶者控除の壁、130万円の壁は社会保険料の壁でしたね。

では、パートとして働くなら、年収は103万円以下にすべきなのか、130万円未満にすべきなのか、どちらが良いのでしょうか?

これは、あなたがどのくらいパートとして稼ぎたいかによります。もし、自分のお小遣いを稼ぎたい、暇つぶしにパートをしたいというであれば、年収は103万円以下に設定しましょうね。

「ボチボチ稼ぎたい、でも損はしたくない」というあなたは、130万円の壁を意識して、130万円未満で働きましょう。

130万円未満なら、103万円を超えても所得税はそこまで高くないのでマイナスになることはありません。

また、配偶者控除も「配偶者特別控除」がありますので、103万円以上130万円未満稼いだからといって、「働き損だわ…」ということはないでしょう。

ただ、旦那さんの年収による部分もありますので、念のためきちんと計算して確認しましょうね。

では、あなたのパートの年収が130万円以上になるとどうなるのでしょうか?130万円の壁は社会保険料の壁でしたね。

年収130万円の時の月々の社会保険料(健康保険+厚生年金)の支払いは1万5000円前後になります。1年で18万円という計算ですね。

簡単に言うと、年収130万円を稼いだ場合と年収112万円を稼いだ場合では、手取りは同じなのですよ。

驚きですね。

年収130万円の場合は所得税や配偶者特別控除の関係で、年収112万円の場合よりも手取りが少なくなるかもしれません。

ですから、パートで稼ぐなら、年収は130万円未満に設定するか、130万円を大きく超えて、社会保険料を支払い、配偶者特別控除を受けられなくても「損ではない」と思える年収までしっかり稼ぐかを決めると良いでしょう。

損ではないと感じる年収は人によって違うと思いますが、年収200万円程度でしょうか?

そうすると、常勤とそれほど変わらない時間を働かなくてはいけませんから、パートのメリットは少なくなるかもしれませんね。

看護師は103万円の壁と130万円の壁を気にするなら、配慮してくれる職場を探しましょうね

看護師が103万円の壁と130万円の壁を気にしながらパートで働くなら、103万円の壁と130万円の壁を考慮してくれる職場を選びましょうね。

時給1800円として計算してみましょう。そうすると、103万円以下にする場合は1年に572時間までしか働けません。そうすると、1日4時間週3回勤務となります。

130万円未満にする場合は、1年で722時間までしか働けません。そうすると、1日5時間週3回勤務などの勤務パターンになります。

最初は、「1日4時間週3回勤務」、「1日5時間週3回勤務」という条件で働き始めたとしましょう。でも、途中から「人手が足りなくて」と言われて、もっと勤務時間を増やしてほしいと言われたらどうでしょうか?

断ることができれば問題ないのですが、断れない雰囲気を作って「もっとたくさん働いてほしい」と言われることもあります。

そうすると、103万円以下、130万円未満で計算して働いていたのに、最終的な年収は110万円、135万円などになってしまい、働いたのに損をしてしまったということになりかねないのですよ。

ですから、パートとして働く看護師さんは、まずは年収を設定すること、それからその年収の中で働かせてくれる職場、働く時間を増やすことを強制しない職場を選びましょうね。

設定した年収内で働かせてくれる職場でパートとして働きたい看護師さんは、転職支援サイトを使ってパート先を探すと良いですよ。

転職支援サイトは担当コンサルタントがパート先と交渉して、確実に103万円の壁と130万円の壁を意識した働き方をさせてくれるパート先を紹介してくれるのです。

転職サイトランキングを見る